藍野大学中央研究施設

研究所の概要

藍野大学再生医療研究所は、平成28年4月から藍野大学中央研究施設に名称を変更いたしました。

再生医療研究所は平成19年(2007年)に共同研究施設として設立されました。設立から9年、大学当局のご支援の下、研究機器および研究体制の整備を進めて参りましたが、此の度、大学の共同研究施設としての色彩を一層はっきりさせるためにこの名称に変更しました。本研究施設は、これまで通り、大学中枢の研究施設として、大学全体の研究活動を推進・発展させる役割を果たすことが期待されております。

研究所は、細胞培養、形態学・生化学・分子生物学、および動物実験などの基本的な研究設備と機器を備えており、看護、理学療法、作業療法、臨床工学に関する実験的な研究ができる体制にあります。毎年、個人あるいはグループから10〜15件の研究課題が申請され、動物実験委員会で審査されます。他に動物を使用しない研究が学生の卒業研究を含めて5〜6件あります。

研究施設が独自に進めている研究は、脊髄損傷の治療につながる基礎的な研究です。骨髄間質(単核)細胞、脈絡叢上皮細胞などの体性細胞の移植による再生機能を明らかにして、田附興風会北野病院の形成外科との協力で、臨床試験を行ってきました。また、2−3年前から、開発された特殊コラーゲンの神経の再生促進効果について近畿大学生物理工学部、および神戸医療イノベーション推進センター(TRI)との共同を行い、本年1月31日付で、神経細胞培養材おび神経損傷治療剤として、国際出願をしております。

これとは別に、脊髄の内因的な再生機構を担う細胞として中心管上衣細胞の機能を精力的に研究しています。この細胞は脊髄損傷の治療につながる新しい視点を開くものと考えます。 本学の4学科共通の分野としてリハビリテーションがあります。脊髄損傷の研究もリハビリテーションに繋がります。将来、この研究施設が大学のリハビリテーション研究センターとしての機能を果たすべく、規模を拡大していくことを目指しております。

研究内容

  • 骨髄由来細胞(骨髄間質細胞、単核細胞)およびその培養上清の脊髄損傷に対する効果(図1,2)
  • 脈絡叢上皮細胞およびその培養上清の脊髄損傷に対する効果(図3)
  • 中心管上衣細胞の脊髄損傷に対する効果
  • 骨髄間質細胞由来神経再生因子の探索・解析
  • GFP/Neurofilament

    GFP/Neurofilament

    図1移植した骨髄間質細胞(緑)と再生神経軸索(赤)
    ラット脊髄損傷部に骨髄間質細胞(緑)を移植してから1週間後の脊髄を免疫組織化学染色した(coronal, 10 µm thickness) 。移植した骨髄間質細胞周辺に無数の神経軸索(赤)が確認された。
    Ide et al. Brain Res, 1332:32-47, 2010
  • GFAP/β-Tubulin

    GFAP/β-Tubulin

    図2骨髄間質細胞の培養上清を投与したラット脊髄損傷部の再生神経軸索(赤)
    脊髄損傷ラットに脳室から脳脊髄液経由で損傷直後から2週間にわたって骨髄間質細胞の培養上清を持続投与した。損傷から4週間後の脊髄を免疫組織化学染色した(sagittal, 10 µm thickness) 。細胞を移植しなくても培養上清を投与することで、脊髄損傷部(GFAP陰性)にβ-tubulin陽性の神経軸索(赤)が顕著に伸びてきた。
    Kanekiyo et al. J Neurotrauma, 35(3):521-532, 2018
  • GFP/pGAP-43

    GFP/pGAP-43

    図3移植した脈絡叢上皮細胞(緑)と再生神経軸索(赤)
    ラット脊髄損傷部に脈絡叢上皮細胞(緑)を移植してから2日後の脊髄を免疫組織化学染色した(sagittal, 10 µm thickness) 。pGAP-43陽性の再生神経軸索(赤)が移植した脈絡叢上皮細胞周辺に密に伸びてきた。
    Kanekiyo et al. Restor Neurol Neurosci, 34(3):347-66, 2016
  • 研究所の概要
  • 研究所の概要
  • 研究所の概要

研究施設スタッフ