医療保健学部

理学療法学科

Department of Physical Therapy

新しい分野に挑み続ける理学療法士の育成

スポーツ・健康増進、がん、
先端医療の3領域新設

高い社会性、確かな知識と技術に加え、課題解決力を備えた人材を育み、高い専門能力を持って新しい分野に挑み続ける理学療法士を育成します。
早い段階から実際の現場を経験するために、1年次より学外臨床実習を配置しています。臨床実習では現場の指導者と本学科教員が密に連携し、学生が不安を持つことなく実習に集中できるようサポートします。

学科の最新情報はこちら

社会のニーズに応える
カリキュラム
十分な基礎力を養うことはもちろんのこと、今後、社会のニーズが高まるであろうスポーツ健康増進やがん、あるいは先端医療など理学療法士の新たなフィールドを見据え、カリキュラムを設定しています。
実習の不安を取り除く
臨床実習制度
多くの卒業生が実習先で勤務しており、積極的な後輩育成の協力体制が確立されています。そのため、教員、臨床実習指導員、学生がコミュニケーションをとり、安心して実習に臨むことができます。
充実した
国家試験対策
長年のデータに基づいて作成された独自の国家試験対策教材を使用し、グループ学習や教員による個別指導など、多彩な手法を用いて、国家試験合格まで導きます。

取得可能資格

理学療法士(国家試験受験資格)
病気や事故、高齢などが原因で身体に障がいや不自由を抱える方に対して、リハビリテーションを行い運動機能の回復をサポートします。また、スポーツ・健康増進分野、先端医療分野における活躍を期待されています。
NSCAパーソナルトレーナー
子どもから高齢者まで、さまざまな人々を対象に、各種トレーニングやコンディショニングを実践し、健康増進やスポーツ競技力向上など、ニーズに応じた適切な運動指導を行います。
福祉住環境コーディネーター
検定試験®2級※1
高齢者をはじめ、障がいを抱えた方々が安全、快適に暮らせるよう、住みやすく、使いやすい住環境を提案します。バリアフリー住宅のコーディネートや、介護・福祉用品の紹介、使い方のアドバイスなども行います。

1 福祉住環境コーディネーター検定試験®は、東京商工会議所の登録商標です。

初級障がい者
スポーツ指導員
スポーツの喜びや楽しさを感じてもらうことで障がい者の健康増進を支援します。障がい者のスポーツの普及と発展をめざし、活動します。
就職率(2019年3月卒業生実績)
100
理学療法士/
国家試験合格率
(2019年3月実績)
100全国平均:92.8%
  • 就職率は、卒業生のうち国家試験不合格者、進学者、就職意思のない者を除いています。
  • 国家試験合格率は、新卒者で計上しています。

活躍の場
(一例)

  • 病院・クリニック
  • 福祉施設
  • 理学療法士の養成機関
  • リハビリテーションセンター
  • 企業の健康管理室
  • トレーニングジム
  • 身体障がい者福祉施設
  • 訪問看護ステーション
  • 行政機関

学びの流れ

理学療法の専門性を十分に高めるカリキュラム

カリキュラムは認可申請中のため、変更となることがあります。

1年次

1年次

人体に関する基礎知識を
かため、実習を通して
早期から現場を体感します。

生体機能論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
ヒトの身体の構造だけでなく、心臓、脳、神経など人体に備わっている器官は普段どのように働いているのか、複雑なその機能を一つ一つ紐解いていきます。
1年生カリキュラム
学びの基盤、英語Ⅰ・Ⅱ、情報科学Ⅰ、障害者スポーツ特論、生体構造論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、生体機能論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、運動学、病理学、理学療法学概論、理学療法評価学、パーソナルトレーナー論、臨床見学実習...など

2年次

2年次

病気について学びながら、
身体機能を評価する方法や
動作分析の方法について学びます。

バイオメカニクス(運動学)
理学療法士は動作分析のスペシャリストです。ヒトは、身体の構造を活用し、協調的に機能させることで、起き上がったり、歩いたり、動くことができます。そのような運動をしっかりと観察し、正しく分析できるよう学びます。
2年生カリキュラム
統計学Ⅰ・Ⅱ、運動生理学、運動学演習、内科学Ⅰ・Ⅱ、整形外科学Ⅰ・Ⅱ、理学療法評価学実習、臨床推論、義肢学、運動療法学、臨床観察実習Ⅰ・Ⅱ、機能神経解剖学、理学療法学総論...など

3年次

3年次

これまで学んだ基礎の上に、
より専門的な知識と技術を
積み重ねます。

がんの理学療法学
社会が理学療法士に求めるニーズは多様になってきています。医療の発展に伴い、今はがんと共に生きる時代です。がん患者の増加に伴い、そのリハビリテーションに対応すべく、本学ではいち早くがん理学療法学をカリキュラムに組み込んでいます。
3年生カリキュラム
リハビリテーション医学、がんの理学療法学、生体計測学、医療統計学、装具学、運動器理学療法学・実習、神経筋理学療法学・実習、脳血管理学療法学・実習、循環・代謝系理学療法学、小児理学療法学、地域理学療法学、臨床評価実習Ⅰ・Ⅱ...など

4年次

4年次

16週間の臨床実習で
さらに実践経験を積みます。
また卒業研究や
国家試験対策も行います。

卒業研究
専門職としての研究テーマを探求し、論文作成・発表までのプロセスを経験します。論文作成に必要な情報収集能力や分析能力を養うことで、根拠のある理学療法を提供することのできる力を身につけます。
4年生カリキュラム
理学療法学総合演習、臨床総合実習、卒業研究...など

独自の臨床実習カリキュラムで、スキルアップをめざします。

実習
【臨床総合実習(4年次)】8週間の臨床実習を2回実施します。学んできたこと全ての知識と技術を駆使して患者さんと向き合います。

理学療法評価に必要な検査測定の方法や、器具の使い方を実習形式の授業でしっかりとマスターします。臨床実習では、1年次より本学科に所属する「臨床教員」の指導のもと、きめ細かいサポートを受けながら現場で必要となる知識と技術の習得に努めます。

実習
【臨床見学実習(1年次)】
実習
【臨床評価実習Ⅰ・Ⅱ(3年次)】

実習先一覧

  • 近江八幡市立総合医療センター
  • 滋賀県立総合病院
  • 奈良県総合医療センター
  • 箕面市立病院
  • 大阪医科大学附属病院
  • 大阪大学医学部附属病院
  • 金沢医科大学病院
  • 滋賀医科大学医学部附属病院
  • 高知大学医学部附属病院
  • 福井大学医学部附属病院
  • 大阪赤十字病院
  • 大阪府済生会茨木病院
  • 大阪府済生会吹田病院
  • 金沢脳神経外科病院
  • 関西リハビリテーション病院
  • 京都第一赤十字病院
  • 済生会京都府病院
  • 千里中央病院
  • 宝塚リハビリテーション病院 など

臨地実習
体験
レポート

授業とはやはり違う!
いつまでも忘れないようにしたい、
実習での緊張感。

滋賀県立甲西高等学校 卒業大橋さん

大橋さん

1年時の臨床実習では、脈や血圧の計測を経験しました。授業中の練習は、親しい友人同士で行っていますが、臨床実習では、本当の患者さんを目の前にしたため、緊張で手が震えて普段の授業のようにスムーズに計測できませんでした。また患者さんとのコミュニケーションの取り方も難しく、友達と話す時とは違うので、最初は頭が真っ白になりました。授業だけでは感じることが出来ない、臨床実習での経験や緊張感を忘れないようにしたいです。

メッセージ

学科長
からの
メッセージ

理学療法学科長 後藤 昌弘

学科長後藤 昌弘

大学で学ぶ中で、
理学療法士としての具体的な
夢や目標を見つけることが
できます。

教員は一人ひとりの学生と関わりを持ち、目標作りをサポートします。しっかりとした目標さえ定まれば、どう実現するのか教員と共に方法を考え、自らの意思と少しのサポートでその実現に向かって動けるはずです。茨木市との連携事業、高校を訪問して行うスポーツセミナー、臨床実習の中で、どのような理学療法士になりたいのか自分の目標を見つけることができます。パーソナルトレーナーや障がい者スポーツ指導員などのセカンドライセンスを在学中に取得することも、着実に目標へと近づく一つの手段になるでしょう。

キャリアサポート

藍野の歴史が証明する本学科の求人数。

1983年の藍野医療技術専門学校開校から1,500名以上の理学療法士を輩出。強固な卒業生のネットワークと、担当教員による個別指導で、毎年100%の就職率を維持しています。

卒業生ネットワーク
  • 外部講師に
    よる就職対策
    ガイダンス
  • 外部施設の
    方々による
    就職説明会
担当教員による個別指導
履歴書の書き方から
面接練習まで十分にケア
就職先内訳
就職率(2019年3月卒業生実績)
100
求人施設数(2019年3月卒業生実績)
※募集人員100名で計算して
います。
614

求人倍率6.1倍

主な
就職先一覧

  • 神戸市民病院機構
  • 滋賀県立総合病院
  • 箕面市立病院
  • 大阪医科大学附属病院
  • 関西医科大学附属病院
  • 福井大学医学部附属病院
  • 上尾中央総合病院
  • 医仁会武田総合病院
  • 大阪府済生会茨木病院
  • 関西メディカル病院
  • 関西リハビリテーション病院
  • 北大阪ほうせんか病院
  • 岸和田徳洲会病院
  • 京都武田病院
  • 済生会京都府病院
  • 吹田徳洲会病院
  • 第一東和会病院
  • 宝塚リハビリテーション病院
  • 長浜赤十字病院
  • 中村病院

私の就職体験記・
学生生活

岡部さん

2017年3月卒業(10期生)
近江八幡市立総合医療センター 勤務
岡部さん

就職活動について

学外実習においてさまざまな経験をするなかで、徐々に自分が進みたい道を決めることができました。私は急性期病院で働き、最前線でのリハビリ技術を身につけていきたいと考えていました。しかし、大学では実習や国家試験勉強と同時進行で就職活動を行うため、施設見学はいつ頃から始めるべきか、面接はどのように練習したら良いのか、ずっと困惑していました。施設のホームページから情報を得たり、医療職の知り合いに相談したり、休み時間には大学の先生と一緒に面接の練習をしたり、4年生はかなり忙しい時期になりました。安易に決めるべきではない就職先、慎重になるのは当然です。悩んだ時は友人と支え合い、共に乗り越え、内定を得ることができました。

学生生活について

学生生活で印象に残っていることは二つあります。一つは友人とのキャンパスライフです。一緒に勉強したり、休日には遊びに行ったりと4年間を楽しく過ごしました。年齢を重ねるにつれて、行動範囲やできることも広がり、高校生の頃とはまた違ったおもしろさがありました。
もう一つは国際医療研修でオーストラリアに行ったことです。初めての海外で期待と不安が入り混じっていましたが、ホストファミリーも素敵な方でさまざまな場所へ連れて行ってもらい、楽しい時間を過ごすことができました。英語はあまり得意ではありませんでしたが、さまざまな国の学生との交流をとおして、それぞれの文化の違いを感じました。学生の間にしかできない貴重な経験ができたと思っています。