医療保健学部

作業療法学科

Department of Occupational Therapy

世界基準を上回る実習時間

学生が自ら考え、取り組み、成長するためのさまざまな工夫

作業療法学科では世界水準の実習時間を確保するとともに、臨床実習前の要点整理や実習後の臨床技能試験(OSCE)をとおして、知識技能を確実に習得できるシステムを構築しています。また、藍野大学ならではのシンメディカルⅠ~Ⅳでは、他職種との連携における役割分担を学ぶだけではなく、協働によって引き出された個性や未知の力を発見するという学びを経験できます。さらに、作業療法学科が取り組む産官学連携プロジェクトに参画することで、主体的な取り組み姿勢や社会性を刺激する経験を得ることができます。このように、学生が自ら考え、取り組み、成長するための工夫を随所に散りばめて、学生の魅力を最大限に引き出します。

世界標準の
実習時間
1000時間を超える実習時間を確保するなど、世界作業療法士連盟(WFOT)認定校として世界標準の学びを提供します。また、実習前指導と実習後のフィードバックやOSCEをとおして、学びをより確実なものとします。
シンメディカル体験・
学生参画型プロジェクト
チーム医療における役割分担のみならず、協働の中でさまざまな自分を引き出される学びを経験し、さらに学生参画型産官学連携プロジェクトへの関わりによって、学生が自ら考え、取り組み、社会の中で成長することを支援します。
知識・技能・態度の
段階的学習と洗練された
国家試験対策指導
大学で身につけるべき知識・技能・態度を段階的に、しかも確実に習得するための効果的な学習システムを構築し、最終学年では洗練された指導によって高い国家試験合格率を目指します。

取得可能資格

作業療法士(国家試験受験資格)
病気やケガなどが原因で身体に障がいを抱えた方に対し、医師の指示のもと、作業療法を行います。また、身体的、精神的なケアを中心に、日常生活に必要な能力を取り戻すための訓練や指導に取り組みます。
福祉住環境コーディ
ネーター
検定試験®2級※1
高齢者をはじめ、障がいを抱えた方々が安全、快適に暮らせるように、住みやすく、使いやすい住環境を提案します。バリアフリー住宅のコーディネートや介護・福祉用品の紹介、使い方のアドバイスなども行います。

※1福祉住環境コーディネーター検定試験®は、東京商工会議所の登録商標です。

メンタルヘルス・
マネジメント®検定試験
Ⅲ種※2
社会で働く方々の不安やストレスを理解し、その原因となる問題に対処していくことで心の健康を管理します。働く方々の心の不調を未然に防ぎ、労働生産性の維持や向上を図り、活力ある職場づくりに貢献します。

※2メンタルヘルス・マネジメント®は、大阪商工会議所の登録商標です。

初級障がい者
スポーツ指導員
障がい者に対し、スポーツを導入することでスポーツの喜びや楽しさを感じてもらい、健康増進を支援します。障がい者のスポーツの普及と発展をめざし、障がい者のスポーツ環境を構築します。
就職率(2020年3月卒業生実績)
100
作業療法士/
国家試験合格率
(2020年3月実績)
94.4全国平均:94.2%
  • 国家試験合格率は、新卒者で計上しています。
  • 就職率は、卒業生のうち国家試験不合格者、進学者、就職意思のない者を除いています。

活躍の場(一例)

  • 病院・クリニック
  • 地域包括支援センター
  • 特別支援学校
  • リハビリテーションセンター
  • 障がい者就労支援機関
  • 保健所・保健センター
  • 福祉施設
    (障がい者・児童・高齢者・生活介護)
  • 訪問看護ステーション
  • 作業療法士の養成機関

学びの流れ

豊富な実習を通じて、実践力を身につけるためのカリキュラム

カリキュラムは認可申請中のため、変更となることがあります。


1年次

1年次

教養科目や医療専門職の基盤となる基礎知識を学び、臨床実習をとおしてこれらの知識が作業療法の基盤とつながっていることを確認します。

1年生カリキュラム
生体構造論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、生体機能論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、リハビリテーション医学、コミュニケーション論、臨床心理学、救命救急学、作業療法学総論、基礎作業学、基礎作業学実習Ⅰ・Ⅱ、保健医療福祉実習、臨床見学実習Ⅰ・Ⅱ...など

2年次

2年次

臨床医学系の知識や作業療法の概念および評価方法を学び、臨床実習では評価の実践とその結果をこれまでの知識から考察する経験をします。

2年生カリキュラム
機能神経解剖学、基礎運動学、基礎運動学実習、バイオメカニクス、内科学Ⅰ・Ⅱ、整形外科学Ⅰ・Ⅱ、精神医学Ⅰ・Ⅱ、老年医学、身体機能評価学演習、精神心理評価学演習、作業療法評価学演習Ⅰ、作業療法治療学総論...など

3年次

3年次

作業療法の介入方法に関する知識や技能を学び、臨床実習では実際に対象者を評価し、介入する経験をします。対象者の困りごとを評価・分析し、その原因を解明するとともに、解決策を考えて、それを検証する経験をします。

3年生カリキュラム
住環境コーディネート論、メンタルヘルス論、生体機能計測論、作業療法治療学演習、骨・関節疾患作業療法治療学演習、神経筋・内部疾患作業療法治療学演習、日常生活・環境作業療法学演習、作業療法研究法 、義肢・装具学、地域作業療法学、地域作業療法学演習、臨床地域作業療法実習...など

4年次

4年次

これまでの学びを総括し、臨床での実践的知識・技能・態度として汎化するための総合臨床実習を行います。
そして、学びの集大成としての卒業研究に取り組みます。

4年生カリキュラム
総合臨床実習Ⅰ・Ⅱ、職業的作業療法論、機能神経解剖学演習、特別支援教育特論、卒業研究、ヘルスプロモーション、作業療法総合演習...など

幅広い作業療法を実践し、質の高い専門知識を身につけます。

実習
【中枢性疾患作業療法学演習】

藍野病院をはじめ、リハビリテーション病院や高齢者施設、精神科病院、発達支援センター、地域のNPO法人など、多岐にわたる施設で臨床実習を実施します。
障がいを抱える様々な患者さんと接することで、幅広い作業療法を身につけられるように取り組みます。

実習
【乳幼児期作業療法学演習】
実習
【保健医療福祉実習】

実習先一覧

  • 藍野病院
  • 藍野花園病院
  • 大阪急性期・総合医療センター
  • 市立池田病院
  • 奈良県総合リハビリテーションセンター
  • 愛仁会リハビリテーション病院
  • 医仁会武田総合病院
  • 茨木医誠会病院
  • おおみや葵の郷
  • 加納総合病院
  • 関西リハビリテーション病院
  • 京都武田病院
  • 京都民医連あすかい病院
  • 琴の浦リハビリテーションセンター
  • 済生会京都府病院
  • 彩都リハビリテーション病院
  • 滋賀八幡病院
  • 十条武田リハビリテーション病院
  • 千里リハビリテーション病院
  • 宝塚リハビリテーション病院
  • 星ヶ丘医療センター
  • 矢木脳神経外科病院 など

Students'
Voice

現場ならではの"生"の経験が
目指す未来に必ず生きます。

上畑さん(京都市立塔南高等学校出身)

上畑さん

私の夢は、患者さんの個性を最大限に生かせる作業療法士になることです。そのためには身体機能だけでなく、内面に寄り添えることが大切です。実習ではさまざまな障がいを持つ幅広い年齢層の患者さんを相手に、コミュニケーションの難しさを実感しました。だからこそ学ぶことが多く、現場で使われる専門用語を身につけることもできて勉強になりました。これからも仲間と刺激し合いながら学びを深め、人としての幅も広げていきたいです。

藍野大学医療保健学部作業療法学科は一般社団法人リハビリテーション教育評価機構が定める基準を満たしています。

一般社団法人リハビリテーション教育評価機構 認定証(作業療法学科)

藍野大学医療保健学部作業療法学科は世界作業療法士連盟(WFOT)が定める基準を満たしています。

世界作業療法士連盟(WFOT) 認定証

キャリアサポート

学生の希望にあわせて個別にサポート。

就職担当教員を中心として、履歴書の添削、面接の練習、エントリーシートの記入に関する講座などを実施。各教員が藍野大学のネットワークを生かし、学生の希望にマッチングする就職先の個別サポートを行います。

  • 病院(実習先中心)による就職説明会
  • エントリーシート講座などの就職前サポート
    • 就職担当教員を中心に履歴書の添削や面接の練習
    • 藍野大学のネットワークを生かした就職先のマッチング
就職先内訳
就職率(2020年3月卒業生実績)
100
求人施設数(2020年3月卒業生実績)
1人当たりの求人施設数13.1件
※募集人員40名で計算して
います。
524

就職先一覧

  • 藍野病院
  • 藍野療育園
  • 高島市民病院
  • 和歌山医療センター
  • 医仁会武田総合病院
  • ヴォーリズ記念病院
  • 近江温泉病院
  • おおみや葵の郷
  • 加納総合病院
  • 貴志川リハビリテーション病院
  • 北大阪ほうせんか病院
  • 京都回生病院
  • 京都民医連あすかい病院
  • 甲西リハビリ病院
  • スカイ整形外科クリニック
  • 瀬田川病院
  • 中村病院
  • 西淀病院
  • はくほう会セントラル病院
  • 南草津病院
  • 森之宮病院
  • 吉栄会病院

私の就職体験記・
学生生活

植村さん

2018年3月卒業
京都岡本記念病院 勤務
植村さん

就職活動について

私が就職先として希望した要素は2つです。実家から通勤できる場所であることと、藍野大学が大好きなので、卒業しても大学と繋がりを残せる病院ということでした。その点を先生に相談したところ、候補として挙げてくださったのが現在の職場です。施設見学に行き、雰囲気が良かったので「ここだ!」と思い決めました。就職活動は国家試験対策と並行していたので、心身ともに忙しく焦りもありました。しかし先生方が何度も履歴書を添削してくださったり激励してくださったり、ていねいに指導してくださって乗り越えることができました。就職後も発表や論文作成の指示をしていただいています。国家試験対策、就職から卒業後の指導まで、安心して相談できる環境だと思います。

学生生活について

4年間を通じて大きなイベントをたくさん経験しましたが、思い返して感慨深いのは、日々の何気ないことです。試験前にクラスメイトと必死になって勉強したこと、実習中の週末に友人と電話で励まし合ったことなど、卒業してまだ3年しか経っていませんが、社会人となった今では過ごすことのない時間なので、すでにとても懐かしく大切な思い出となっています。大学は学びの場であると同時に、社会に出る前の貴重な期間を過ごす場所でもあります。ぜひ積極的な姿勢でさまざまな経験を積み、今後の自分の糧となるような学生生活を送ってください。