看護学研究科
看護学専攻の教育目標

  • 高い倫理観と豊かな人間性をもって、サービスを受ける者の視点に立った実践ができる。
  • 最新の知見・技術の獲得を怠らず、専門性を高めることに努め、科学的根拠に基づいた実践ができる。
  • 看護専門職者として専門的役割を示すローモデルとなって、指導力を発揮して教育的役割を果たすことができる。
  • 保健・医療・福祉の様々な領域で看護組織及び看護ケアをマネジメントし、関連他職種と連携し組織化することができる。
  • 看護の科学的根拠を探求し、新たなケア技術やシステムの開発を試みることができる。

教育課程の構成

構成

実践看護分野

  • 成育看護学
  • 高齢者看護学
  • 精神看護学

看護マネジメント分野

  • 地域保健看護学
  • 看護管理学

取得可能な学位

学位

取得可能な学位
  • 修士(看護学)

学びの流れ

共通科目

  • 看護理論
  • 看護研究方法論
  • 医療保健システム論
  • 看護倫理
  • 発達医療保健論
  • 感染防御論
  • 看護教育論
  • 臨床心理学
  • 医療統計学
  • 国際看護論
  • 災害看護論
  • 先進看護論演習

専門科目

実践看護分野

  • 成育看護学特論Ⅰ
  • 高齢者看護学特論Ⅰ
  • 精神看護学特論Ⅰ
  • 成育看護学特論Ⅱ
  • 高齢者看護学特論Ⅱ
  • 精神看護学特論Ⅱ
  • 成育看護学演習Ⅰ
  • 高齢者看護学演習Ⅰ
  • 精神看護学演習Ⅰ
  • 成育看護学演習Ⅱ
  • 高齢者看護学演習Ⅱ
  • 精神看護学演習Ⅱ
  • 成育看護学特別研究
  • 高齢者看護学特別研究
  • 精神看護学特別研究

看護マネジメント分野

  • 地域保健看護学特論Ⅰ
  • 地域保健看護学特論Ⅱ
  • 地域保健看護学演習Ⅰ
  • 地域保健看護学演習Ⅱ
  • 地域保健看護学特別研究
  • 看護管理学特論Ⅰ
  • 看護管理学特論Ⅱ
  • 看護管理学演習Ⅰ
  • 看護管理学演習Ⅱ
  • 看護管理学特別研究

養成する人材像

本研究科で養成する人材像は、大きく次の三つです。

高度な専門的知識と実践能力を有す看護学実践者

疾病構造の変化と医療の高度化・複雑化に対応し、研究的思考によって個人と集団、地域社会における看護上の問題を分析し、判断し、他の医療職種と協力しながら看護の専門性を発揮して問題解決にあたり、看護サービスの向上に貢献することができる看護実践者を養成します。領域については、わが国において高齢者看護・災害看護を担う高度な専門家の養成が急がれること、そして本学の伝統と関連病院・施設に存す実践者教育に活用可能な資源の優位性に鑑み、高齢者看護、災害看護に焦点を絞っています。

優れたマネジメント能力を有す看護管理者

保健医療福祉の様々な領域においてリーダーシップを発揮して、サービスの現状とニーズを評価し、サービスの改善に向けて計画を立案し、質の高いサービス提供のマネジメントを行うとともに、保健医療福祉機関の責任者や政策立案者に対して提言のできる看護管理者を養成します。

優れた教育能力と研究能力を有す看護教育・研究者

専門的な知識や技術を用いて教育や実践の場においてモデルとなって教育的な指導ができる看護教育者や、看護領域における研究課題を探求し研究することで看護の科学的根拠を追及し、看護学の学術的発展に寄与する看護研究者を養成します。

研究科長メッセージ

ともに学び研究する楽しさ
共有できる皆様をお待ちしています。

プロフィール
西上 あゆみAyumi Nishigami

大阪府出身
大阪府立公衆衛生専門学校看護学科卒、兵庫県立大学博士(看護学)
大阪府立病院(現:大阪急性期・総合医療センター)、淀川キリスト教病院看護師、大阪府立看護大学助手、梅花女子大学看護学部准教授を経て、2018年4月より藍野大学医療保健学部教授に就任。日本災害看護学会代議員、日本災害医学会評議員。

本大学院は、高度な専門性をもった医療職の養成に対する関連病院・施設からの期待もあり、変動著しい社会の要請に沿いながら、研究的思考能力を備えた専門性の高い看護師養成を目指すため2015年に設置されました。藍野大学は大阪府で初の私立の看護師養成大学でもあり、看護師養成については50年以上の歴史ある教育の伝統があります。

現在、日本は世界最高水準の平均寿命の高さと急速な少子化などがあいまって、家族や家庭生活、地域社会の様相を大きく変貌させ、保健医療福祉サービスの提供には多様な形態が求められるようになりました。加えて、外国人労働者や留学生の受け入れの拡大、近年の大規模自然災害発生の増加など生活環境も変化し続けています。このような保健医療福祉におけるニーズの複雑化と必要なサービスの多様化に対応するためには、専門的な知識と高い倫理観、判断力を持って対処できる看護職が必要といえます。看護学は実践の学問であり、自身の専門性をもとに変化する社会のニーズに対応できる実践能力及び教育・研究能力を持つことでさらに看護の有用性、重要性を示すことも大切です。つまり、高い倫理観を持ち、人間性の豊かな、サービスを受ける者の視点に立った人材の育成と看護学の発展に寄与したいと考えています。

本大学院では、実践看護分野、看護マネジメント分野の2分野でそれぞれの専門性を高める教育を実践し、これからの時代にふさわしい看護実践者、教育者、研究者を育てていきます。ともに学び、研究をとおして看護の将来を語りたいと願っています。