医療保健学部の
教育研究上の目的

医療保健学部は、保健・医療・福祉に係る幅広い知識と技能を教授し、豊かな人間性、倫理観と最良の適応力と創造性を備えた、実践・教育・研究の場で活躍できる保健・医療・福祉人材の育成を目的とする。

教育、臨床、研究、そして就職を
藍野グループがバックアップ。

本学部を卒業すれば、学位と共に看護師、保健師、理学療法士、作業療法士、臨床工学技士などの国家試験受験資格を取得できます。しかし、本学では受験のための勉強だけを目標にしているのではありません。
本学では、病気で困っている人の心を理解したうえで、その人に応じたケアや治療を展開できるように人間性を養うことを重視しています。それは患者さんを先生として、患者さんに学ぶことです。その為、知識と経験が豊富で熱意ある教員、充実したカリキュラムを用意しております。さらに大学での教育、臨床、研究を、藍野グループがバックアップします。
藍野出身の専門職の実力は、すでに医療現場で高く評価されています。その伝統の中で安心して勉学に励んでください。活躍舞台は全国に広がっています。

学科

学部長メッセージ

知を愛し、人を愛し、地域を愛す、
未来の医療人よ、来たれ

医療保健学部長 波多野 浩道医療保健学部長 波多野 浩道
プロフィール
波多野 浩道Hiromichi Hatano

兵庫県出身
鹿児島大学歯学部助手、久留米大学医学部看護学科助教授、久留米大学医学部看護学科教授、鹿児島大学医学部保健学科教授、藍野大学医療保健学部看護学科教授を経て、平成30年4月より現職。
所属学会:日本公衆衛生学会、公衆衛生看護学会、日本ルーラルナーシング学会、日本地域看護学会、日本健康学会

医療保健学部には、看護学科、理学療法学科、作業療法学科、臨床工学科の4学科があります。医療保健学部の第一の使命は、建学の精神「病める人々を医やすばかりでなく慰めるために」を宿した医療人を育て輩出していくことです。その医療人は、あらゆる世代、患者や住民、さらには医療人まで、全ての人がいきいきと活躍つづけられる社会をつくるのに貢献できる未来の医療人です。

藍野精神の第一義はphilo-sophia知を愛することです。本学理事長のメッセージにあるように『教育はまず人間教育』です。そのことを具現化するため、教養科目の充実を図っています。入学後を楽しみにしていてください。

知を愛するという点では、「教員と学生は平等」であります。共に学び、実践する、同じ学徒であるということです。学べば学ぶほど、分かってくることも増えるのですが、またわからないこともどんどん増え、一生学び続ける。医療保健学部4学科で学ぶ学問は、一生学び続けられる面白い学問です。

学ぶ過程で、学生は【藍野大学 目的】にあるように「旺盛なる自主の精神と強い責任感を涵養」されます。
これまで、医療保健福祉の分野では、細分化・専門化を進行させることで、個別課題に対応してきました。しかし、多様化・複雑化する課題に切れ目なく対応するため、専門職間での価値やビジョンを共有し、連帯する必要があります。自律に基づく連帯が求められます。

藍野大学では、患者を癒し、慰めるために、様々な専門職が共にチームとして医療を実践することを医療概念としてSym-medicalと表現しています。カリキュラム『シンメディカル論』として実体化もしています。

医療保健学部の学習は、他の学部と異なり、知っているだけでは不十分で、看護師のように、理学療法士のように、作業療法士のように、臨床工学士のように考え、患者のために行動することができることが求められます。そのため、主体性を支えるたくさんの支援が必要であることから、全教職員が、「とことん」付き合い、「とことん」支えます。

藍野大学医療保健学部は知を愛す、人を愛す、地域を愛す、『愛の大学』です。