医療保健学部

臨床工学科

Department of Medical Engineering

50年にわたる看護教育の集大成

高度化する医療に対応

医学と工学の知識を身につけ、医療現場で日常的に使用される高度な機器の操作、運用について学びます。また、他の医療職種と円滑にコミュニケーションが取れる、現場に強い臨床工学技士を育てます。
高度化する医療に対応するため、第一線で活躍する臨床工学技士から直接指導を受けるスタイルの臨床実習で、常に最新の技術を習得できる学習環境を用意。さらに、卒業研究を通して、自ら課題を積極的に解決できる視点を身につけます。

学科の最新情報はこちら

産学官・社会連携の情報はこちら

豊富な学内実習設備
新旧様々な医療機器を豊富に揃えることにより、医療機器の基本を十分に学ぶことができます。
充実した国家試験対策
学内模試を通して、それぞれの弱点や習熟度を随時分析し、個別指導による苦手分野の克服を図ります。
最先端施設での臨床実習
近隣の高度先端医療機関の手術室や集中治療室、人工透析センターなどで行い、現職の臨床工学技士から直接指導を受けることで、臨床工学技士の重要性を自覚します。

取得可能資格

臨床工学技士(国家試験受験資格)
医学と工学の知識を併せ持つ専門医療職で、病院などの医療機関で生命維持管理装置を中心に高度医療機器の操作や保守点検などを担当します。医療機器は高度化・多種多様化しており、時代のニーズに合った仕事といえます。代表的な業務には、人工呼吸器、血液浄化装置、心臓手術などに用いられる人工心肺装置、心臓ペースメーカーなどの操作、保守点検があります。また近年では、内視鏡やカテーテル治療などにも臨床工学技士が活躍しています。
第2種・第1種ME
技術実力検定試験
各検定試験に合格することで、公益社団法人日本生体医工学会より第2種・第1種ME技術者の資格が交付されます。第2種では、医用生体工学に関する知識や、医療で応用できる資質の検定を受け、第1種では、第2種の資質に加え、医療機器に関する教育・指導ができる資質について検定を受けます。毎年、本学科でもこれらの検定試験の受験を推奨しています。
  • 基本情報技術者
  • 医療情報技師
  • 医療機器情報
    コミュニケータ
    (MDIC)
就職率(2019年3月卒業生実績)
100
臨床工学技士/
国家試験合格率
(2019年3月実績)
81.6全国平均:77.5%
  • 就職率は、卒業生のうち国家試験不合格者、進学者、就職意思のない者を除いています。
  • 国家試験合格率は、藍野大学で出願手続きを行った既卒者も含んでいます。

活躍の場(一例)

  • 手術医療分野
  • 集中治療分野
  • 心血管カテーテル治療分野
  • 内視鏡医療分野
  • 救命救急医療分野
  • 機器取り扱い教育
  • 医医療系企業(営業・技術・企画)
  • 血液浄化分野

学びの流れ

医学と工学のスペシャリストになるためのカリキュラム

カリキュラムは認可申請中のため、変更となることがあります。

1年次

1年次

臨床工学に必要な、数学、
物理学、
情報科学、心理学、
英語などの
基礎教養を
身につけます。

物理学基礎
ヒトのからだや医療機器のしくみや構造,医療の技術や医学を学ぶための基礎としての物理学を学び,物体の運動,熱,波動,電気と磁気など,自然現象の性質を表す原理や法則を理解する考え方や表現法を身につけます。
1年生カリキュラム
数学基礎Ⅰ・Ⅱ、物理学基礎Ⅰ・Ⅱ、化学基礎、統計学Ⅰ、数学基礎演習Ⅰ・Ⅱ、情報科学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、解剖学Ⅰ・Ⅱ、生理学Ⅰ・Ⅱ、医学概論、生化学、電気工学Ⅰ、臨床工学概論Ⅰ・Ⅱ...など

2年次

2年次

医療機器の原理を理解するために、
医学系、工学系の科目をバランス良く
学びます。

情報科学実習
現代社会で広く利用されている情報処理技術の基礎知識に加え、大学で作成するレポートに必要な技術を学びます。また、将来問題に直面した際に自分自身で解決へと導くための考え方や手法についても学びます。
2年生カリキュラム
数学・物理学演習、電気工学Ⅱ、電気工学実習、電子工学Ⅰ・Ⅱ、機械工学、システム・制御工学、循環器病態学、医用材料学、生体計測装置学Ⅰ、機械工学実習、医用治療機器学Ⅰ、医用機器安全管理学Ⅰ...など

3年次

3年次

医療機器の扱いに関する
専門知識を
実習を通して
実践的に学習します。

人工心肺制御学実習
実際に臨床現場で使用されている人工心肺装置を使って実習をおこないます。装置の取り扱いに慣れてきたら、生体シミュレータの活用により複雑な生体反応を模擬しながら的確な状況判断と操作について実践能力を高めていきます。
3年生カリキュラム
電子工学実習、生体医工学、生体計測器学実習、医用治療機器学Ⅱ、医用治療機器学実習、心血管カテーテル治療学、人工心肺制御学Ⅰ・Ⅱ、臨床薬理学、血液浄化療法学Ⅰ・Ⅱ、機械工学演習、麻酔集中治療医学、臨床工学特別演習...など

4年次

4年次

学んできた知識と技術を4分野の
臨床実習で実践します。
卒業研究では研究課題の
解決に取り組みます。

卒業研究
教員の指導のもとに研究課題を考え、目標に沿って計画的に実行できるように取り組んでいきます。最終的には研究内容を発表や論文として報告することで、科学研究の基礎技術を学びます。
4年生カリキュラム
臨床実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、臨床工学特論、臨床工学総合演習、卒業研究...など

学内の実習風景

実習
【装置構造の実習】

実際の医療施設と同じ設備で、臨床工学技士が主に扱う血液浄化装置や人工呼吸器、人工心肺装置の基本操作と、点検やトラブル時の対応を学習します。
4年次の臨床実習では、第一線で活躍する臨床工学技士からの直接指導で命に関わる責任感や心構えを養います。

実習
【電気メスの実習】
実習
【急性血液浄化の実習】

実習先一覧

  • 神戸市立医療センター中央市民病院
  • 市立岸和田市民病院
  • 良県総合医療センター
  • 兵庫県立尼崎総合医療センター
  • りんくう総合医療センター
  • 大阪医科大学附属病院
  • 大阪大学医学部附属病院
  • 関西医科大学附属病院
  • 京都大学医学部附属病院
  • 京都府立医科大学附属病院
  • 滋賀医科大学医学部附属病院
  • 奈良県立医科大学附属病院
  • 琉球大学医学部附属病院
  • 井上病院
  • 大阪警察病院
  • 岸和田徳洲会病院
  • 京都岡本記念病院
  • 草津総合病院
  • 白鷺病院
  • 武田病院
  • 松原徳洲会病院
  • 八尾徳洲会総合病院 など

臨地実習
体験
レポート

チーム医療の大切さを実感。
国家試験対策にも、現場での経験を生かしています。

京都府立峰山高等学校 卒業中山さん

中山さん

実習では、人工心肺を用いた弁置換術の見学をしました。実際の手技を見せていただいたのですが、初めての臨床現場の雰囲気に圧倒され、積極的に質問することが出来ませんでした。しかし、実際の現場で他職種間での声の掛け合いを見て、チーム医療の大切さを感じることができました。
1日1日、新しく学ぶことや感じることが多く、実習中はレポートをまとめるのが大変でしたが、その後の国家試験対策において、現場をイメージして勉強することができ、理解が深まったと思っています。

メッセージ

学科長
からの
メッセージ

臨床工学科長 井出 千束

学科長井出 千束

高度な医療を担う
臨床工学技士を
めざす人に
ふさわしい環境です。

近年、高度な手術および生命維持のための医療機器が普及し、複雑な医療機器を操作・維持管理する専門技術者である臨床工学技士が求められております。今後、医療が高度化するにつれて、臨床工学技士の活躍する分野が益々大きく広がってきます。本学の臨床工学科は、医師、臨床工学技士などの資格を持つ医療系の教員と理学・工学系の博士号など学位を有する教員とで構成されており、医学と工学の両分野の基礎から専門までを総合的にがっちり学びたいという学生にとって最適の環境です。加えて、高い教養と倫理感に裏打ちされ、チーム医療のためのコミュニケーション能力を備えた優れた医療人の育成をめざしております。

キャリアサポート

現場で働く卒業生の声を就職活動にフル活用。

4年生の4月には就職ガイダンスを行い就職活動に備えます。多数の医療施設の方をお招きし、現在の医療設備や施設、仕事内容をご紹介いただくほか、本学科の卒業生と交流する機会を設け、臨床現場や就職活動、国家試験のアドバイスをいただきます。

  • 就職対策ガイダンス
    履歴書の書き方や面接対策、
    求人応募情報、病院見学の際の注意点などを指導
  • 医療施設の方々による説明会
    各施設の医療設備や仕事内容のご紹介
  • 本学科卒業生との交流会
    臨床現場で取り組んでいる
    臨床現場で取り組んでいる課題などの講演や就職活動、国家試験に対するアドバイスをいただきます
就職先内訳
就職率(2019年3月卒業生実績)
100
求人施設数(2019年3月卒業生実績)
※募集人員40名で計算して
います。
217

求人倍率5.4倍

主な就職先一覧

  • 和泉市立総合医療センター
  • 生駒市立病院
  • 岸和田市民病院
  • 京都府立医科大学附属病院
  • 奈良県立医科大学附属病院
  • 大阪府済生会吹田病院
  • 八尾総合病院徳洲会
  • 聖隷浜松病院
  • 友紘会総合病院
  • 西宮渡辺病院
  • 草津総合病院
  • 住友病院
  • 京都岡本記念病院
  • 白鷺病院
  • 井上病院
  • 西陣病院
  • 大浜第一病院
  • マックシール巽病院
  • 西の京病院
  • 西本クリニック
  • 六島クリニック
  • 兵庫県職員

私の就職体験記・
学生生活

棚次さん

2018年3月卒業(5期生)
高関西ろうさい病院 勤務
棚次さん

就職活動について

就職活動で楽しいと感じることは、正直ありませんでした。大変だったことは一つの病院の就職活動を行なっている最中は、その病院から結果の通知が届くまで動けなかったことです。就職活動を早く終えたいと思っていた私にとって焦りにもなりました。しかし結果が出るまでに、他に就職活動をしてしまうと、受験した病院にも迷惑がかかるので耐えたことを鮮明に覚えています。
そんな就職活動の中で、今の病院を選んだのは、今の最新の医療機器、治療法を次々と取り入れられていることや、病院見学を通してここで働きたいと、強く感じたことです。
就職活動は大変でしたが、実際に医療の現場で働いている今、患者さんからお礼を言われると、心から、仕事のやりがいと楽しみを感じています。

学生生活について

最も印象に残っているのは2年生の時にサークルを設立したことです。同期はいませんでしたが、野球が好きな後輩たちと共に野球サークルを設立しました。数ある学生生活の楽しみの中で、学校の敷地内にあるグラウンドで友人たちと共に、大好きな野球ができることがなによりの楽しみでした。
私にとって、この楽しい時間はストレス発散法の1つであり、勉強を頑張る上での原動力であったと思っています。私が楽しい学生生活を送ることができたのも野球サークルの仲間や顧問を引き受けて下さった先生のおかげであり、今でもとても感謝しています。