藍野大学 目的

教育基本法及び学校教育法の精神に則り、学校法人藍野学院創⽴の精神に基づく人間教育を⾏い、広い教養と実務的な専門知識を授けるとともに、旺盛なる自主の精神と強い責任感を涵養して、文化の向上と医療および福祉の進歩に寄与し得る有為な人材を育成することを目的とする。

藍野大学 医療保健学部
目的・教育目標

藍野大学 医療保健学部の目的

保健・医療・福祉に係る幅広い知識と技能を教授し、豊かな人間性、倫理観と最良の適応力と創造性を備えた、実践・教育・研究の場で活躍できる保健・医療・福祉人材の育成を目的とする。

藍野大学 医療保健学部の教育目標

  1. 人を愛する心を持ち、豊かな教養を身につけた人材を育成する。
  2. 心の通う保健・医療サービスを提供できる人材を育成する。
  3. 保健・医療チームのなかで、自己の役割を遂行できる人材を育成する。
  4. 国際的な視野を持つ人材を育成する。
  5. 生涯学び続け、課題発掘・解決能力を練磨できる人材を育成する。

藍野大学大学院
看護学研究科
目的・教育目標

藍野大学大学院 看護学研究科の目的

医療・看護に関する学術の理論と応用を専門的に教授研究し、その深奥を究め、看護学の学術的発展と人々の健康と福祉の向上に貢献することを目的とする。

藍野大学大学院 看護学研究科の教育目標

  1. 高い倫理観と豊かな人間性をもって、サービスを受ける者の視点に立った実践ができる。
  2. 最新の知見・技術の獲得を怠らず、専門性を高めることに努め、科学的根拠に基づいた実践ができる。
  3. 看護専門職者として専門的役割を示すロールモデルとなって、指導力を発揮して教育的役割を果たすことができる。
  4. 保健・医療・福祉の様々な領域で看護組織及び看護ケアをマネジメントし、関連他職種と連携し組織化することができる。
  5. 看護の科学的根拠を探求し、新たなケア技術やシステムの開発を試みることができる。