学長メッセージ

チーム医療と地域医療に
貢献できる
学ぶ力と
考える力をもった
人材の育成に取り組んでいます

学長  菅田 勝也
学長
菅田 勝也

藍野大学は、2004年に看護学科、理学療法学科、作業療法学科の3学科を擁して開学しました。看護学科は、関西の私立4年制大学の中で最も早い開設でした。その後、2010年に臨床工学科を増設し、2015年には大学院看護学研究科を設置して現在に至っています。本学のミッションは、「人間に対する深い愛を持ち、生涯にわたり医療職としての誇りを持ち続け、研鑽を怠らない医療人を育成する」ことで、教育理念として、"Saluti et solatio aegrorum(病める人々を医やすばかりでなく慰めるために)"を掲げています。この教育理念は、病気を医学的に治療すると同時に患者の心に慰めを与えることが医療人の理想であるという考えに立っています。

わが国は世界に類を見ない速さで少子高齢化が進み、疾病構造においては慢性疾患が増加し、長期の療養と介護を必要とする人口が急増しています。少子高齢化は、家族や家庭生活、地域社会の様相を変貌させ、保健医療福祉サービスには多様な形態が求められるようになりました。また、人々のヘルスリテラシーの向上と相俟って、顧客重視のサービスの提供が重要課題となっています。一方、近年の科学技術と生命科学の進歩は病める人々に多大な恩恵をもたらしていますが、医療に向けられる資源には限りがあり、医療の効率化は避けられません。

保健医療福祉におけるニーズの複雑化と必要なサービスの多様化に対応するために、多職種によるチーム医療と地域包括ケアの構築が重点的にすすめられています。このような医療の現場では、それぞれの医療専門職が自立して判断し、現場が求めていることにしっかり応える必要があります。また、医療においてはいつでも答えが一つであるとは限りません。逆に、答えがないこともよくあります。これからの医療専門職には自らを振り返り学習を続ける力と、自らの頭で考えて答えを導き出す力が求められます。藍野大学では、臨床経験と教育経験の豊かな教員が、学生の「学ぶ力」と「考える力」を育むことを重視した教育を行っています。

教員、学生、職員、そして多くの卒業生のコミュニティである藍野大学は、未来の医療に貢献する志のある人を広く歓迎します。

略歴

菅田 勝也Katsuya Kanda


大分県出身。
東京大学医学部保健学科卒。東京大学教授を経て、2012年4月から藍野大学医療保健学部長、2014年6月から副学長、2015年4月から2019年3月まで研究科長兼務、2018年4月に学長に就任。日本看護評価学会理事長、日本医療マネジメント学会理事、日本看護管理学会監事。