教員紹介

更新日
(⻄暦.年.⽉.⽇)
2020.04.24
氏名(漢字) 水谷 陽一
氏名(フリガナ) ミズタニ ヨウイチ
氏名(ローマ字) MIZUTANI Yoichi
所属部署(学部・学科)
職名 教授
e-mail y-mizutani{@}me-u.aino.ac.jp({@}は@に置き換えてください)
略歴
年.月 大学・学部・学科、大学院・専攻名、機関名・
所属部署・職名等
1985.3 京都大学医学部 卒業
1991.4 米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校医学部免疫・微生物学・分子遺伝学科 客員研究員
1992.3 京都大学大学院医学研究科外科系専攻博士課程 修了
1992.9 京都大学医学部泌尿器科 助手
1999.11 京都府立医科大学泌尿器科 講師
2004.6 京都府立医科大学泌尿器科 准教授
2012.4 藍野大学医療保健学部臨床工学科 教授
1998.1 米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校医学部免疫・微生物学・分子遺伝学科 客員教授 
2006.4 名古屋大学医学部 非常勤講師
取得学位

博士(医学)【京都大学】

資格・免許
年.月概要
1985.5医師免許(第289089号) 取得
1990.1日本泌尿器科学会専門医(第900220号) 取得
1995.4日本泌尿器科学会指導医(第950204号) 取得
2005.1日本内視鏡外科学会技術認定医(泌尿器腹腔鏡)(第05-EE-061号) 取得
2005.4日本泌尿器科学会・日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医(第05-107-2号)取得
2007.8日本がん治療認定機構暫定教育医:登録番号(第070422号) 取得
2008.9日本がん治療認定機構認定医(第07200546号) 取得
研究分野

腫瘍学、泌尿器科学、血液透析、臨床工学

所属学会

日本癌学会、日本癌治療学会、日本泌尿器科学会、日本内視鏡外科学会、日本泌尿器内視鏡学会、米国癌学会、米国臨床腫瘍学会、米国泌尿器科学会

主な研究テーマ

癌に対する分子診断・分子標的治療、癌に対する遺伝子治療、癌に対する化学療法・免疫療法

主要研究業績
種別 題目 単著・
共著の別
掲載誌・機関誌名・ページ等 発行
年月
学術論文(査読有) Sniffer mice discriminate urine odours of patients with bladder cancer : A proof-of-principle study for non-invasive diagnosis of cancer-induced odours 共著 Sci. Rep., 7 : 14628 | DOI:10.1038/s41598-017-15355-z 2017
学術論文(査読有) Low circulating serum levels of second mitochondria-derived activator of caspase ( Smac/DIABLO ) in patients with bladder cancer 共著 Int. J. Oncol., 40, 1246-1250 2012
学術論文(査読有) Anti-gout agent allopurinol exerts cytotoxicity to human hormone-refractory prostate cancer cells in combination with TRAIL 共著 Mol. Cancer Res., 6, 1852-1860 2008
学術論文(査読有) Molecular featutes of hormone-refractory prostate cancer cells by genome-wide gene expression profiles 共著 Cancer Res., 67, 5117-5125 2007
学術論文(査読有) Expression of X-linked inhibitor of apoptosis protein ( XIAP ) is a stromg predictor of human prostate cancer recurrence 共著 Clin. Cancer Res., 13, 6056-6063 2007
学術論文(査読有) Gene therapy with tumor necrosis factor-related apoptosis-inducing ligand ( TRAIL ) against renal cell carcinoma 共著 Mol. Cancer Ther., 5, 2165-2171 2006
学術論文(査読有) Downregulation of Smac/DIABLO expression in renal cell carcinoma and its prognostic significance 共著 J. Clin. Oncol., 23, 448-454 2005
学術論文(査読有) Tunicamycin enhances tumor necrosis factor-related apoptosis-inducing ligand-induced apoptosis in human prostate cancer cells 共著 Cancer Res., 65, 6364-6370 2005
学術論文(査読有) Proteasome inhibitor MG132 induces death receptor 5 through CCAAT/enhancer-binding protein homologous protein 共著 Cancer Res., 65, 5622-5667 2005
学術論文(査読有) Prognostic significance of orotate phosphoribosyltransferase activity in bladder cancer 共著 Cancer, 100, 723-731 2004
特許等の知的財産
年.月 概要
1999.8 オーストラリア特許704723号(Antitumor agent effect enhancer containing IL-6 antagonist)
2000.1 韓国特許0252743号(Antitumor agent effect enhancer containing IL-6 antagonist)
2000.7 アメリカ特許6086874号(Antitumor agent effect enhancer containing IL-6 antagonist)
2002.3 欧州特許0800829号(Antitumor agent effect enhancer containing IL-6 antagonist)
2008.7 特許4079461号(IL-6アンタゴニストを含んでなる抗腫瘍剤の作用増強剤)
主な学会活動等
年.月 内容
1995.4 日本泌尿器科学会 ボーティングメンバー
2003.4 日本泌尿器科学会 専門医制度審議会 中央委員
2003.4 日本泌尿器科学会 がん登録推進委員会 委員
2005.4 日本泌尿器科学会 教育委員会 委員
2008.4 日本泌尿器内視鏡学会 評議員
現在の担当科目 健康科学、英文抄読、腎泌尿器病態学
教育内容・方法の
工夫や教科書・教材・
講義資料の作成と活用
などについて

視聴覚教育技術を活用することにより、学生の満足度が向上させるようにしている。学生に授業評価のアンケートを行い、そのコメントを参考に授業の改善を行うようにしている。学生にとって役に立つと思われる研究会等の案内を行うようにしている。

今後提供できる科目や
教育内容

泌尿器科学全般

教育に関する著作・
講演・発表など
種別 題目 単著・
共著の別
掲載誌・機関誌名・ページ等 発行
年月
著書 現代人が抱える疾患 共著 Active Aging 健康管理学.八千代出版株式会社、pp. 45 – 54 2017
著書 泌尿器科領域の診療ガイドラインの骨子 共著 泌尿器科診療ガイド、金芳堂、pp.434-458 2011
著書 癌化学療法、放射線治療法、免疫療法、分子標的療法 共著 スタディメイト泌尿器科学、金芳堂、pp.405-410 2009
著書 前立腺癌 共著 新・泌尿器悪性腫瘍ポケットマニュアル、メディカルレビュー社、pp.73-106 2006
主な社会活動等
年.月 内容
1996 International Journal of Cancer査読者
2001 CANCER査読者
2004 The Journal of Urology査読者
2007 Journal of Experimental & Clinical Cancer Research編集委員
2011 日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
受賞・学術賞など
年.月 内容
1995.4 第54回日本泌尿器科学会坂口賞受賞
2002.4 第11回日本泌尿器科学会研究助成金受賞
2006.4 第13回日本泌尿器科学会賞受賞
2008.4 第96回日本泌尿器科学会総会賞受賞
2009.4 2008年度アメリカ泌尿器科学会雑誌「The Journal of Urology」:Best Reviewer賞(2008 Best Reviewer Award for The Journal of Urology)受賞
2013.5 2012年度アメリカ泌尿器科学会雑誌「The Journal of Urology」:Best Reviewer賞(2012 Best Reviewer Award for The Journal of Urology)受賞
上記以外の特記事項
年 月内容
1988.4日本癌学会 会員
1992American Association for Cancer Research ( AACR ) 会員
1996American Urological Association ( AUA ) 会員
1999泌尿器科分子細胞解析研究会 評議員
2000American Society for Clinical Oncology ( ASCO ) 会員
2005腎癌研究会 世話人
2009臨床修練指導医
個人ホームページ
アドレス