学部・学科

学部・学科

TOP > 学部・学科 > 医療保健学部 > 理学療法学科

理学療法学科

科学的分析による理学療法で身体機能を回復に導く理学療法学科 入学定員:80名

理学療法士は身体に障がいが生じた人へのリハビリテーションを担います。 当学科では「人間性を豊かに育む」「基礎研究の重視」「技術の重視」という教育方針で、幅広く活躍できる理学療法士を目指します。

取得可能な資格・学位

資格

  • 理学療法士(国家試験受験資格)
  • NESTAパーソナルフィットネストレーナー
  • 福祉住環境コーディネーター検定2級

学位

  • 学士(理学療法学)

活躍の場

  • 病院・クリニック
  • 訪問看護ステーション
  • 高齢者福祉施設
  • 保健所・保健センター
  • 理学療法士の養成機関
  • 企業の健康管理室
  • リハビリテーションセンター
  • 身体障害者福祉施設 など

理学療法学科の特徴

  • 1年次から専門科目を学びやる気を高める
  • 世界中に認められたOMTの技術を学士課程で修得
  • 幅広く活躍できる力を身につける育成プログラム
  • 臨床教員制度を導入して内容の濃い学外実習へ

4年間の流れ

1年次

運動学などから、人体に関する基礎を徹底的に学びます。さらに、1年次から専門科目を学び、「臨床見学実習」で早期から現場の雰囲気を体感します。
基礎科目:英語Ⅰ・Ⅱ、文章表現法、情報科学Ⅰ・Ⅱ、数学基礎Ⅰ・Ⅱ、物理学基礎Ⅰ・Ⅱ など
専門基礎科目:生体構造論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、生体機能論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、生体機能構造論実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、病理学、リハビリテーション医学 など
専門科目:理学療法学概論、運動学、理学療法評価学、マニュアルセラピー、臨床見学実習 など

2年次

健常者の身体・精神などを学ぶとともに、疾病や障がいについての理解を深め、理学療法の基礎を学習。専門科目では臨床実習のベースとなる知識を習得します。
基礎科目:医療倫理学、医療英語Ⅰ・Ⅱ、統計学Ⅰ・Ⅱ など
専門基礎科目:運動生理学、内科学Ⅰ・Ⅱ、神経内科学Ⅰ・Ⅱ、整形外科学Ⅰ・Ⅱ、精神医学Ⅰ、薬理学、栄養学、シンメディカル論など
専門科目:運動学実習、運動療法学、パーソナルトレーナー実習、理学療法評価実習、義肢装具学、臨床観察実習 など

3年次

さまざまな疾病に対する理学療法を学習しつつ、4週間の臨床実習に参加し医療の現場を体感。また、卒業研究に向けたゼミ学習がスタートします。
専門基礎科目:シンメディカル論 など
専門科目:生体計測学、物理療法学、住環境コーディネーター論、骨関節理学療法学実習、スポーツ障害論、マニュアルセラピー特論、臨床評価実習、理学療法学研究法演習 など

4年次

8週間の臨床実習を2度経験し、実践的に学習。また、卒業研究にも取り組み、前期から国家試験対策がはじまります。
専門科目:臨床総合実習、理学療法学特論、理学療法学総合演習、卒業研究 など

学科長メッセージ

理学療法学科長の写真
理学療法学科長  西村 敦
充実した学習環境でプロの実力を養います。
本学科では病院をはじめ、老人ホームやスポーツ施設など、さまざまな場所で活躍するための基礎と実践力が養えます。クラス内では討議を活発に行うなど積極的な学びの場を提供するとともに、身体運動に必要な物理学の基礎から学べる授業を実施。他分野と連携して学べる教育環境と30年を超える歴史と人脈が大きな強みです。

在学生メッセージ

倉﨑さんの写真
滋賀県立玉川学院高等学校 卒業 倉﨑さん
頼りにされる理学療法士が目標です。
高校の頃にリハビリを経験し、その時にお世話になった理学療法士の方に憧れて私も理学療法士を目指すようになりました。今は、人体のメカニズムの不思議について興味深く学んでいます。藍大は先生との距離がとても近いので、わからない点もすぐに相談でき、知識が身についていくのが実感できます。

ページの先頭に戻る