メニュー
close
サイト内検索
大学院・学部

大学院・学部

TOP > 大学院・学部 > 医療保健学部 > 理学療法学科

理学療法学科 医療保健学部 理学療法学科

科学的分析による理学療法で身体機能を回復に導く理学療法学科 入学定員:80名

理学療法士は身体に障がいが生じた人へのリハビリテーションを担います。 当学科では「人間性を豊かに育む」「基礎研究の重視」「技術の重視」という教育方針で、幅広く活躍できる理学療法士を目指します。

取得可能資格・学位 取得可能資格・学位

取得可能資格 取得可能資格

  • 理学療法士(国家試験受験資格)
  • NESTAパーソナルフィットネストレーナー
  • 福祉住環境コーディネーター検定2級

学位 学位

  • 学士(理学療法学)

活躍の場 活躍の場

  • 病院・クリニック
  • 訪問看護ステーション
  • 高齢者福祉施設
  • 保健所・保健センター
  • 理学療法士の養成機関
  • 企業の健康管理室
  • リハビリテーションセンター
  • 身体障害者福祉施設 など

理学療法学科の特長 理学療法学科の特長

  • 1年次から専門科目を学びやる気を高める

    理学療法を徹底して学べるように1年次から専門科目を履修することができます。さらに、実際の医療現場を見学することで理学療法士の仕事を身近に感じ、モチベーションを高めます。

  • 世界中に認められたOMTの技術を学士課程で修得

    運動器(骨・関節・抹消神経など)の外傷・疾病に関する検査や治療を行うOMT(整形外科的徒手療法)。
    本学では、学士課程よりその教育に力を入れ、よりグローバルに活躍できる理学療法士を育成しています。

  • 幅広く活躍できる力を身につける育成プログラム

    多彩なプログラムで応用力を身につけ、幅広い分野で活躍できる人材を育成します。また、パーソナルトレーナーとして、スポーツクラブへの就職などの将来の選択肢が広がります。

  • 臨床教員制度を導入して内容の濃い学外実習へ

    理学療法士資格取得を目標として、1・2年次に学んできた知識や技術を基礎とし、3・4年次は医療現場を意識した学外実習にステップアップ。臨床教員制度を導入し、充実した臨床実習を行います。

4年間の流れ 4年間の流れ

1年次

運動学などから、人体に関する基礎を徹底的に学びます。さらに、1年次から専門科目を学び、「臨床見学実習」で早期から現場の雰囲気を体感します。
基礎科目:英語Ⅰ・Ⅱ、文章表現法、情報科学Ⅰ・Ⅱ、数学基礎Ⅰ・Ⅱ、物理学基礎Ⅰ・Ⅱ など
専門基礎科目:生体構造論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、生体機能論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、生体機能構造論実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、病理学、リハビリテーション医学 など
専門科目:理学療法学概論、運動学、理学療法評価学、マニュアルセラピー、臨床見学実習 など

2年次

健常者の身体・精神などを学ぶとともに、疾病や障がいについての理解を深め、理学療法の基礎を学習。専門科目では臨床実習のベースとなる知識を習得します。
基礎科目:医療倫理学、医療英語Ⅰ・Ⅱ、統計学Ⅰ・Ⅱ など
専門基礎科目:運動生理学、内科学Ⅰ・Ⅱ、神経内科学Ⅰ・Ⅱ、整形外科学Ⅰ・Ⅱ、精神医学Ⅰ、薬理学、栄養学、シンメディカル論など
専門科目:運動学実習、運動療法学、パーソナルトレーナー実習、理学療法評価実習、義肢装具学、臨床観察実習 など

3年次

さまざまな疾病に対する理学療法を学習しつつ、4週間の臨床実習に参加し医療の現場を体感。また、卒業研究に向けたゼミ学習がスタートします。
専門基礎科目:シンメディカル論 など
専門科目:生体計測学、物理療法学、住環境コーディネーター論、骨関節理学療法学実習、スポーツ障害論、マニュアルセラピー特論、臨床評価実習、理学療法学研究法演習 など

4年次

8週間の臨床実習を2度経験し、実践的に学習。また、卒業研究にも取り組み、前期から国家試験対策がはじまります。
専門科目:臨床総合実習、理学療法学特論、理学療法学総合演習、卒業研究 など

学科長メッセージ 学科長メッセージ

理学療法学科長の写真
理学療法学科長  西村 敦
一緒に悩み、一緒に学び、一緒に喜べる、学びを大切にしています。
本学科ではこれから求められる理学療法士の教育を目指しています。学生がそれを目指し、努力する限りは私たち教員は諦めません。今までの病院(救急・急性期病院、回復期病院)はもちろん、老人施設など中間施設、医院やクリニックなど医療施設をはじめとし、地域の訪問施設、通所施設など地域や家庭での理学療法、そして、未だ不十分な市民の健康支援、プロ・アマを問わずトップアスリートのリハビリテーションに従事する理学療法士など、これから求められる理学療法士の教育も 目指しています。自分が置かれている現場の問題を日々考え、解決に尽くせる能力を獲得できる理学療法士を養成します。決して甘くはないと思いますが、一緒に成長したいと思っています。

在学生メッセージ 在学生メッセージ

渡邉さんの写真
滋賀県立大津高等学校 卒業 渡邉さん
新たな課題を発見!とても充実した実習でした。
実習では検査や測定のテクニック指導だけでなく、現場目線の意見をたくさんいただきました。実践を経て、動作分析や検査などのスキルが身についたり、合併症のリスク管理の重要さを体験したりする中で新たな課題も発見できて、とても充実した臨床実習となりました。

ページの先頭に戻る