メニュー
close
サイト内検索
大学院・学部

大学院・学部

TOP > 大学院・学部 > 医療保健学部 > 理学療法学科

理学療法学科 医療保健学部 理学療法学科

科学的分析による理学療法で身体機能を回復に導く理学療法学科 入学定員:80名

理学療法士は身体に障がいが生じた人へのリハビリテーションを担います。 当学科では「人間性を豊かに育む」「基礎研究の重視」「技術の重視」という教育方針で、幅広く活躍できる理学療法士を目指します。

取得可能資格・学位 取得可能資格・学位

取得可能資格 取得可能資格

  • 理学療法士(国家試験受験資格)
  • パーソナルフィットネストレーナー
  • 福祉住環境コーディネーター検定試験®2級

※福祉住環境コーディネーター検定試験®は、東京商工会議所の登録商標です。

学位 学位

  • 学士(理学療法学)

活躍の場 活躍の場

  • 病院・クリニック
  • 訪問看護ステーション
  • 高齢者福祉施設
  • 保健所・保健センター
  • 理学療法士の養成機関
  • 企業の健康管理室
  • リハビリテーションセンター
  • 身体障害者福祉施設 など

理学療法学科の特長 理学療法学科の特長

社会が求めるスペシャリストの育成

  • 「考える学び」で求められる人材に

    知識の吸収だけではなく、さまざまなケースに臨機応変に対応できるように、1年次より専門科目で「考える学び」を実践。病院や施設だけではなく、幅広い分野で高い専門能力を発揮できるように、自発的に問題解決に取り組み、自ら気付き、答えを導き出せる人材の養成をめざしています。

  • 学外実習を支援する臨床教員制度

    学内での学びと連動した教育ができるように、医療機関への臨床実習の際に本学科の教員も一緒に派遣する「臨床教員制度」を導入しています。医療技術者として患者さんとのコミュニケーションだけではなく、他職種の専門家と協働し、現場で活躍できる理学療法士の育成に努めています。

  • 4年間で現場に出て即戦力となる教育

    理学療法の専門家として必要な、ヒトに関する基礎医学の学びに加え、疾病、外傷などの臨床工学、理学療法学の習得に努めます。1年次より学外臨床実習を積み重ね、実際の医療現場を経験。理学療法士国家試験の合格と、現場で即戦力となれる理学療法士をめざした教育に取り組んでいます。

4年間の流れ 4年間の流れ

1年次

人体に関する基礎知識をかため、実習を通して早期から現場を体感します。

1年生カリキュラム:

学びの基盤、英語Ⅰ・Ⅱ、情報科学Ⅰ、公衆衛生学、生体構造論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、生体機能論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、運動学、病理学、理学療法学概論、理学療法評価学、パーソナルトレーナー論、臨床見学実習
など

2年次

健常者の身体・精神を学んだうえで、疾病や障がいへの理解を深めます。

2年生カリキュラム:

統計学Ⅰ、運動生理学、運動学演習、内科学Ⅰ・Ⅱ、整形外科Ⅰ・Ⅱ、理学療法評価学実習、臨床推論、義肢装具学、運動療法学、運動器理学療法学総論、脳血管理学療法学総論、臨床観察実習Ⅰ・Ⅱ
など

3年次

4週間の臨床実習で現場を体験。卒業研究に向けたゼミもスタートします。

3年生カリキュラム:

リハビリテーション医学、生体計測学、物理療法学実習、義肢装具学演習、運動器理学療法学・実習、神経筋理学療法学・実習、脳血管理学療法学・実習、循環呼吸器理学療法学、小児理学療法学、がんの理学療法学、臨床評価実習Ⅰ・Ⅱ、シンメディカル論
など

4年次

8週間の臨床実習でさらに実践を積みます。また卒業研究や国家試験対策も実施。

4年生カリキュラム:

理学療法学特論、理学療法学総合演習、臨床総合実習、卒業研究
など

学科長メッセージ 学科長メッセージ

理学療法学科長の写真
理学療法学科長  後藤昌弘
めざすは、多方面で活躍できる「課題解決型高度医療人」。
理学療法学科では主に2年次からさまざまな医療機器・実験機器を用いて科学的な分析力を育成します。また、1年次から4年次まで行う臨床実習では、がんの理学療法や再生医療の分野など、これからの理学療法士に求められる知識と技術、そして実践力の習得にも力を注ぎます。病院はもちろん、老人保健施設や地域の訪問医療、健康増進、スポーツ、再生医療といった新しい領域でも、理学療法士としての専門能力を発揮できる「課題解決型高度医療人」を育てます。

在学生メッセージ 在学生メッセージ

井上さんの写真
京都府立山城高等学校 卒業 井上さん
先生や先輩に気軽に質問ができる距離の近さが魅力です。
高校の先輩からの誘いが入学のきっかけです。実際入学してみると、学生同士の仲が良く、先生や先輩に気軽に質問できる環境で、日々成長しているのを実感できます。患者さんとのコミュニケーションのとり方や、まだまだ身につけるべきものはありますが、将来は怪我を治すだけでなく、皆に信頼される理学療法士になりたいです。

ページの先頭に戻る