大学概要

大学概要

TOP > 大学概要 >  藍野大学大学院・藍野大学 3つのポリシー

藍野大学大学院 3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー(DP)

 2年以上在学し、修了に必要な単位を修得し、かつ修士論文を提出して審査に合格し、加えて最終試験に合格した者に修士(看護学)の学位を授与する。修士論文の審査および最終試験において求められる能力、資質は次のとおりである。

(1) 高い倫理観と豊かな人間性をもって、サービスを受ける者の視点に立った実践ができる。
(2) 最新の知見・技術の獲得を怠らず、専門性を高めることに努め、科学的根拠に基づいた実践ができる。
(3) 看護専門職者として専門的役割を示すロールモデルとなって、指導力を発揮して教育的役割を果たすことができる。
(4) 保健・医療・福祉の様々な領域で看護組織及び看護ケアをマネジメントし、関連他職種と連携し組織化することができる。
(5) 看護の科学的根拠を探求し、新たなケア技術やシステムの開発を試みることができる。

カリキュラム・ポリシー(CP)

 本研究科は、医療技術の発展と少子高齢化の進行に伴い近年急速に高まっている看護サービスの向上に対する要請に応えるため、高度は専門的知識と技術の上に、深い学識と識見及び豊かな人間性に裏打ちされた看護実践者、看護管理者、教育研究者を養成することを目指した教育課程を編成する。そのため、共通科目には高度な看護実践、管理および教育研究を行う基礎となる科目、保健医療福祉に関する造詣を深め、学際的な視点とリサーチマインドを涵養する科目を配置する。

 専門科目では、「成育看護学」「高齢者看護学」「精神看護学」「地域保健看護学」「看護管理学」の専門領域ごとに特論2科目と演習2科目を設け、習得した知識と技術を統合して研究を行い、併せて修士論文を作成する「特別研究」を配置する。

アドミッション・ポリシー(AP)

 本研究科では、看護学専攻(修士課程)の教育目標を達成するために、入学者には以下の(1)~(4)を求める。

(1) 看護学の各専門領域において基盤となる知識、技能、技術を有する者。
(2) 高度専門職業人として、看護実践を通して地域医療の発展に貢献する意欲のある者。
(3) 高い倫理観のもと、指導者としての統率力、協調性を発揮できる者。
(4) 看護実践、看護学教育において、自主的に課題を発掘し解決しようと志向する者。

藍野大学 3つのポリシー

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 藍野大学では、人を愛する心と豊かな教養を培い、専門分野での高いレベルの知識・技能・技術を身につけ、そして、常に自己研鑽する姿勢が備わっていることを、社会に送り出す望ましい人間像として定める。学生がこの意識を持ち、具体的に以下の項目について学修成果をあげ、かつ所定の単位を修得すれば、卒業を認定する。

(1) 人間の多様性と人格の尊厳を認め、自然環境の保全について理解している。
(2) 自らを律して行動できる。
(3) 相手の立場を理解し、コミュニケーションをはかることができる。
(4) 社会生活に必要な基盤知識と倫理性、協調性を持ち合わせている。
(5) 人や文化、社会や歴史、科学や技術などについての教養を身につけようとしている。
(6) 適切に情報収集し活用することができる。
(7) 論理的に思考し、書き、そして話すことができる。
(8) 国際的な視野で考えることができる。
(9) 専門に係る倫理性が確立されている。
(10) チーム医療の重要性を理解している。
(11) 基礎的知識に根ざした専門分野活動に必要な知識・技能・技術を体系的に修得している。

【看護学科】

(1) 看護学の専門知識と技術を修得し、倫理観の確立、コミュニケーション能力の会得に必要となる幅広い教養を身に

つけている。

(2) 対象者の健康状態等を科学的に評価・判断し、看護学に根ざした問題解決を実践することができる。
(3) 日常的に医学、看護学、その他関連分野の発展に関心を寄せ、社会の中で医療人としての責任を意識した行動が取れる

とともに、自己の役割を果たすことができる。

【理学療法学科】

(1) 医療人としての倫理観を持ち、それに従った行動をとることができる。
(2) 理学療法士としての基本的な治療・訓練の技能を対象者に提供できる。
(3) 対象者と良好な関係を築き、相手の立場に立った医療サービスを提供できる。
(4) 医学の発展に関心を持ち、新たな知識や技術の習熟に努めることの必要性を理解している。

【作業療法学科】

(1) 対象者を尊重し、その身体的・心理的・社会的な健康状態を適切に評価することができる。
(2) 作業療法士として求められる基本的な知識と技術を有し、安全かつ適切な作業療法を実施することができる。
(3) 保健・医療・福祉で活躍する作業療法士として、倫理性・協調性を兼ね備えた責任ある行動を取ることができる。

【臨床工学科】

(1) 臨床工学の専門的知識や技能に加え、医療・科学の幅広い知識を体系的に修得している。
(2) 専門医療職業人として強い責任感を持ち、医療に貢献しようという高い理想を持っている。
(3) 安心と信頼のおける医療機器と技術を対象者や医療チームに提供する心構えができている。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 藍野大学は社会に送り出す望ましい人間像を学位授与の方針(ディプロマポリシー)で明確に定めている。その実現を可能にする教育課程を編成し、実施する。
  本学では教育課程の編成にあたって次に留意する。

(1) 教育課程を「基礎科目」、「専門基礎科目」、「専門科目」に分類される科目で構成し、各科目区分に、各専門分野の

養成所指定規則に従う科目を配当することで、カリキュラムの骨格とする。

(2) 「基礎科目」、「専門基礎科目」、「専門科目」の数量的な比率を適切に定める。
(3) 「基礎科目」に教養教育科目、語学教育科目、理系基礎科目を加える。
(4) 「専門基礎科目」に保健・医療・福祉の専門分野に必要な医学の基礎知識を学ぶ科目を加える。
(5) 「専門科目」にチーム医療のあり方を学ぶ科目や研究の進め方を体験する卒業研究科目を加える。

さらに、教育課程の実施にあたって次に留意する。

(6) 初年次教育を充実させ、高大接続をはかる。
(7) 人間性と教養を培い、医療人として必要な倫理観の確立をはかる。
(8) 演習・実習科目を充実させ、各専門領域にかかわる知識の深化と、技能・技術の向上をはかる。
(9) 知識の基盤を確立し、生命科学の発展に伴う保健医療の質的な変化や、新しい医療技術の保健・医療・福祉分野への

導入に、対処できるようにする。

(注1) 学位授与の方針(ディプロマポリシー)と教育目標の関係

 本学には、学位授与の方針(ディプロマポリシー)とは別に教育目標がある。教育目標はかなり高いところに設定されているばかりでなく、大項目として掲げられている。他方、カリキュラムは、学生が4年間の学修で教育目標を達成することを目標に編成され、実施されているが、学生の一人ひとりについて単位の修得が4年間の学修で教育目標に到達したかどうかの評価にはつながらない。ところで、大学教育は教育課程(正課)で定める授業によるばかりでなく、正課外活動、近隣の大学との連携による教育的活動、社会的活動(ボランティア等)などの総体と考えるべきで、その成果として個々の学生の基礎・教養や専門の達成度が計測される。学位授与の方針(ディプロマポリシー)は、教育目標の大項目をいくつかの小項目に細分して表わしたもので、その一つひとつの項目の達成度が正課の科目の履修状況あるいは正課外の活動との対比をとることで、(数量的にも)評価可能であるようにした。

(注2) 正課で修得する単位の実質化を補完し確実なものにする正課外活動

 「正課外活動としては、学生自治会や各種部活動がある。また、近隣の大学との連携による教育的活動としては、具体的に、広域大学連携で形成されている「臨床医工情報学コンソーシアム関西」に加盟する。そこが主催する春秋のセミナと実習(5週連続土曜日実施)に参加し、修了証書を得た学生には、卒業単位となる(ならない)単位を与える。また、大学コンソーシアム大阪の地域連携事業と連携し、「大学との連携によるまちづくり」に参加するなどの活動が考えられる。その他の地域連携活動もあるだろう。社会的活動としては、とくに災害時の医療ボランティア活動が考えられる。これらの活動には、教員も参加し適宜指導に当たる。さらに、新聞、テレビなどのメディアを通じて、ニュースや各種の記事を読み、世界の政治・経済・科学等の動向を知る。ランチョンセミナ(飯田先生)に出席して教養を培う、古今東西の歴史・文学書を読み、読後感(レポート)を提出することで、教員の評価を受ける。さらには、教養を高める、あるいは専門の幅を広げるために種々の分野の専門家を非常勤講師として招聘し、講演(講義)を依頼する、などが考えられる。これらのために、図書館の蔵書(文学・歴史書、専門書)を充実させる。正課外活動への参加を動機付けるために、一定の成果を得た場合(修了証書を得る…)には単位を与えることも考えてよい。卒業単位とするかどうかは、議論の余地がある。これらの諸活動は、あくまでも正課で修得する単位の実質化を補完するという位置づけだからである。」

【看護学科】

(1) 基礎科目においては、専門基礎科目、専門科目の基礎となる科学的思考力およびコミュニケーション能力を高める科目に

加え、人間生活や社会との関係の重要性を幅広く理解できる科目を配置する。

(2) 専門基礎科目においては、臨地で求められる健康・疾病・障害に関する専門知識および観察力、判断力を養う科目に加え、

保健医療福祉に関する基本概念、関係制度の理解を深める科目を配置する。

(3) 専門科目においては、各看護学の基礎的理論と技術を修得し、臨地実践能力の向上を図るための演習、実習を強化した

科目に加え、チーム医療の中で看護職としてのメンバーシップおよびリーダーシップを理解できる科目を配置する。

(4) 教職課程科目においては、各教育の基礎的理論と養護教諭および高校教諭の実践能力向上を図るための科目を配置する。

【理学療法学科】

(1) 基礎科目として、人間の育成に視点をおいた表現やコミュニケーションのための科目を配置する。
(2) 基礎から専門基礎、専門へと理学療法学の知識や技能・技術が体系的かつ系統的に学べるように科目を配置する。
(3) 臨床実習を通して、職業意識を高め、対人関係を磨き、専門技術を修得させる。
(4) 新たな知識、技術の習熟に努めることの必要性を理解するために、特徴的な学科の専門科目を用意する。

【作業療法学科】

(1) 科学的思考や人間と生活について学ぶとともに、医療人として自ら考え実践する行動力を培う科目を配置する。
(2) リハビリテーションの理念や人体の構造・機能、心身の発達に関する知識を付与する科目を配置する。
(3) 疾患や障害あるいは保健・医療・福祉制度に関する知識を付与する科目を配置する。
(4) 作業療法を実施する上で必要となる知識・技術および適切なコミュニケーション能力を培う科目を配置する。
(5) 臨床実習科目を通じた倫理的・臨床的な判断・治療技術を培う科目を配置する。

【臨床工学科】

(1) 臨床工学の専門性の土台を培うため、基礎科目、専門基礎科目を体系的に提供する。
(2) 広く医療・科学全般を俯瞰する力を養うため、関連分野の現状や発展を概観する科目を提供する。
(3) 学内実習や臨床実習科目を含む専門科目を設け、専門的技術と技能を修得し、専門職の使命と責任を理解できるように

する。

(4) 演習や卒業研究科目を設け、臨床工学の専門性に係る種々の問題の発掘と解決に必要な総合力の重要性に気づき、生涯に

わたる研鑽のための素地を養う。

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

 藍野大学は、本学の教育理念に共感し、我が国の保健・医療・福祉に携わることに意義を見出し、実践しようとする高い志をもつ学生を受け入れる。

【看護学科】

(1) 将来、病院・地域での看護実践に活躍できる人
(2) 人々の健康や福祉の向上に関心の高い人
(3) 人の話をよく聞くことができ、かつ自分の気持ちを相手にわかるように示せる人

 また、本学科において、看護学を勉強していく中で、高等学校で出来る限り履修しておく事が望ましい科目として、コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、数学Ⅰなどが挙げられます。理科の科目としての望ましい順序は①生物基礎 ②化学基礎 ③物理基礎となります。

【理学療法学科】

(1) 人との関わりを大切に考え、明るく、思いやりを持って相手に接することができる人
(2) 自分の言動に責任を持てる人
(3) 理学療法士としての責任を理解し、学習や技術の習得に励む意欲を持つ人

 また、本学科において、理学療法学を勉強していく中で、高等学校で出来る限り履修し、理解しておく事が望ましい科目として、国語、英語に加え、生物基礎、物理基礎・物理などが挙げられます。

【作業療法学科】

(1) 他者との調和をはかるコミュニケーション力がある人
(2) 積極的で行動力がある人

 また、本学科において、作業療法学を勉強していく中で、高等学校で出来る限り履修しておく事が望ましい科目として、国語総合、生物基礎などが挙げられます。

【臨床工学科】

(1) 多くのことに知的好奇心を持ち、チャレンジ精神と探究心を持つ人
(2) 責任感があり、他者を思いやることができる人
(3) 医学と工学に関心があり、医療分野で社会に貢献したいという意欲を持つ人

 また、本学科で臨床工学を学ぶには、理数系科目を履修しておくことが必要です。具体的には数学ⅠA・ⅡB、物理基礎、生物基礎、化学基礎などです。英語の基礎力や読書の習慣もつけておくとよいでしょう。

ページの先頭に戻る