メニュー
close
サイト内検索
大学概要

大学概要

TOP > 大学概要 >  藍野大学大学院・藍野大学 3つのポリシー

藍野大学大学院 3つのポリシー 藍野大学大学院 3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー(卒業の認定、学位授与に関する方針)

 2年以上在学し、修了に必要な単位を修得し、かつ修士論文を提出して審査に合格し、加えて最終試験に合格した者に修士(看護学)の学位を授与する。修士論文の審査および最終試験において求められる能力、資質は次のとおりである。

  • 高い倫理観と豊かな人間性をもって、サービスを受ける者の視点に立った実践ができる。
  • 最新の知見・技術の獲得を怠らず、専門性を高めることに努め、科学的根拠に基づいた実践ができる。
  • 看護専門職者として専門的役割を示すロールモデルとなって、指導力を発揮して教育的役割を果たすことができる。
  • 保健・医療・福祉の様々な領域で看護組織及び看護ケアをマネジメントし、関連他職種と連携し組織化することができる。
  • 看護の科学的根拠を探求し、新たなケア技術やシステムの開発を試みることができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成および実施に関する方針)

 本研究科は、医療技術の発展と少子高齢化の進行に伴い近年急速に高まっている看護サービスの向上に対する要請に応えるため、高度な専門的知識と技術の上に、深い学識と識見及び豊かな人間性に裏打ちされた看護実践者、看護管理者、教育研究者を養成することを目指した教育課程を編成する。そのため、共通科目には高度な看護実践、管理および教育研究を行う基礎となる科目、保健医療福祉に関する造詣を深め、学際的な視点とリサーチマインドを涵養する科目を配置する。

 専門科目では、「成育看護学」「高齢者看護学」「精神看護学」「地域保健看護学」「看護管理学」の専門領域ごとに特論2科目と演習2科目を設け、習得した知識と技術を統合して研究を行い、併せて修士論文を作成する「特別研究」を配置する。

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

Ⅰ 大学院教育を通じてどのような力を発展・向上させるのか

 本研究科は、実践看護分野と看護マネジメント分野の2つの分野からなる。実践看護分野では、高度な専門的知識を獲得させ、専門職業人たる看護実践能力を向上させ、研究的思考能力を開発するとともに、人々のニーズを汲み取る感性と豊かな表現力を養う。看護マネジメント分野では、複雑な看護課題を解決するために必要な柔軟な思考力、的確な判断力、高度な専門的知識・技能を獲得させるとともに、研究的思考能力を開発する。

Ⅱ 入学者に求める能力は何か

 上記Ⅰを踏まえ、以下の資質、能力を備えた者を入学者として求める。

(1)大学卒業程度以上の看護学の基本的な知識・技能を有している人
(2)看護学に対する深い関心をもつ人
(3)研究の遂行に必要なコミュニケーション能力、思考力、分析能力及び記述能力のある人
(4)高い倫理観のもと、人々の健康のために働く強い意志と協調性をもつ人
(5)看護の実践、看護学の教育研究において、自主的に課題を発掘し解決することを志向する人

Ⅲ 高等学校段階で培ってきたどのような能力をどのように評価するのか

 入学者の評価は、小論文と面接によって行う。小論文では主に、知識、思考力、分析能力、記述能力について評価する。面接では、看護学に対する関心、コミュニケーション能力、倫理観、協調性、課題解決志向を中心に評価する。

藍野大学 3つのポリシー 藍野大学 3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー(卒業の認定、学位授与に関する方針)

【医療保健学部】

 医療保健学部では、教育目標に照らし、学部および学科で定めた以下のような能力・資質を身につけることを、卒業認定、および、学士の学位授与の方針とする。各学科で定めた卒業要件単位の修得をもって、系統的な履修にもとづく学位授与方針の達成とみなす。

Ⅰ〈基盤的知識・技能〉

医療の基礎的知識や技能に加えて、人や文化、社会情勢、科学技術、環境等に関する基本的な教養を修得し、それらの素養を基盤に論理的に思考し、書き、話すことができる。

Ⅱ〈応用・実践能力〉

専門的医療分野の知識、情報、データを活用する実践力を体得し、他者とのコミュニケーションを円滑に進められ、チーム医療の一員として職務を遂行できる。

Ⅲ〈倫理観、行動力〉

医療人として必要な倫理観、対人愛、行動力を持ち、人間の多様性と共生についての理解ができている。

Ⅳ〈グローバル的思考力、判断力〉

21世紀に生きる市民として、グローバルな視点で創造的に思考、判断するための基盤(情報分析力やコミュニケーション能力)が備わっている。

Ⅴ〈生涯にわたる専門性の練磨〉

医療専門職として生涯学び続け、常に日進月歩の知識を取り入れ職務に反映しようとする心構えができている。

【看護学科】

Ⅰ〈基盤的知識・技能〉

人、文化、社会、環境等の知識を基盤とする幅広い教養を身につけ、それをベースに人の健康や医療に関する専門知識や技能を習得している。

Ⅱ〈専門への知識・技能の応用力〉

保健、医療、福祉等の場における看護ケアの実践力を修得し、チーム医療への参加意欲、コミュニケーション・スキル、数量的スキル、情報リテラシー等の汎用的技能への修練を積んでいる。

Ⅲ〈倫理観、行動力〉

「人を愛する」心と、生命・人間尊重の倫理観と、地域の医療と福祉向上に貢献しようとする使命感と行動規範を有している。

Ⅳ〈グローバル的思考力〉

医療救援活動や途上国への医療支援などを思いやり、グローバルな視点で思考し活動ができる素地を有している。

Ⅴ〈生涯にわたる専門性の練磨〉

卒後も学び続け、創造的に思考し、判断し、看護師・保健師としての専門性をその最前線において維持しようとする態度が形成できている。

【理学療法学科】

Ⅰ〈基盤的知識・技能〉

理学療法の基礎的知識や技能に加えて、語学、 国内外の文化や思想、社会の仕組みや情勢、科学技術や環境についての知識を習得している。それらの素養を基盤に思考し、書き、話し、問題解決へ向かうことができる。

Ⅱ〈専門知識・技能の応用・実践能力〉

理学療法分野の知識、技能、情報、データを活用し、エビデンスに基づいた理学療法を実践できる能力を体得している。また、他者の話を聞き、その話を理解し、自分の考えを論理的に表出することにより他者とのコミュニケーションを図り、チーム医療の一員として他職種と協働した医療を提供できる。

Ⅲ〈専門における倫理観、行動力〉

医療人として必要な倫理観を持ち、対象者やその家族と良好な関係を築き、相手の立場で医療を提供できる。また、地域社会で生活しているさまざまな人たちの生き方に共感し、寄り添うことができる。

Ⅳ〈グローバル的思考力〉

医療をグローバルな視点からとらえ、実行する基盤が備わっている。また、それを実行するために必要な言語能力および情報収集・分析能力を有している。

Ⅴ〈生涯にわたる専門性の練磨〉

社会から要請される理学療法士像に合わせて、常に医学や医療技術の発展に関心を持ち、新たな知識や技能を生涯学び続ける意志と能力を身につけている。

【作業療法学科】

Ⅰ〈基盤的知識・技能〉

教養、語学、理系基礎の科目を基にした思考力、汎用的技能を身につけ、その基盤のうえに作業療法学諸領域の知識、技能を体系的に習得している。

Ⅱ〈専門知識・技能の応用・実践能力〉

基礎医学および作業療法学の知識・技能を応用し、乳幼児から高齢者までのさまざまな対象者の健康状態(身体、心理、社会)を評価し、エビデンスに基づいた作業療法の実践ができる。

Ⅲ〈専門における倫理観、行動力〉

作業療法士に求められる倫理観の理解とそれに基づく行動がとれ、対象者はもとより他の医療従事者、同僚、地域住民と協調した活動ができる。

Ⅳ〈グローバル的思考力〉

保健・福祉・医療制度を見据えたグローバルな視点を常に持ち、創造的思考力・情報分析力やコミュニケーション能力を有している。

Ⅴ〈生涯にわたる専門性の練磨〉

作業療法士として対象者の治療回復、社会参加を促進する使命に誇りを持ち、生涯学習し続け、作業療法の実践力向上に努める心構えができている。

【臨床工学科】

Ⅰ〈基盤的知識・技能〉

臨床工学技士として活動するための基盤的知識(数学、物理学、情報科学、医学および工学の基礎知識・技能)を有し、その基盤的知識を基に臨床工学分野の専門的知識・技能を習得している。

Ⅱ〈専門知識・技能の応用・実践能力、行動力〉

臨床工学分野の知識・技能を実地に活用できる応用・実践力、および医師や看護師などと円滑にチーム医療が行える協調性とコミュニケーション力を備えている。

Ⅲ〈専門における倫理観〉

高度な医療機器を取り扱う医療人として、倫理観、責任感、使命感を実践する意識が形成されている。

Ⅳ〈グローバル的思考力〉

海外の機器情報にアクセスし、人的交流にも取り組めるグローバルマインドが準備されている。

Ⅴ〈生涯にわたる専門性の練磨〉

臨床工学技士として、医学、医療機器の進歩に対し絶えず研鑽を怠らない姿勢・心構えができている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成および実施に関する方針)

【医療保健学部】

 医療保健学部では、ディプロマ・ポリシーの達成を可能にするため、以下のようなカリキュラム・ポリシー(教育課程の編成および実施方針)を定める。

教育課程の編成方針

  • 教育課程の編成は、「基礎科目」、「専門基礎科目」、「専門科目」に大区分され、各専門職の指定学校規則に定められた科目・単位を含んでいる。
  • 「基礎科目」に、中区分として「教養教育科目」、「語学教育科目」、「理系基礎科目」、「初年次教育科目」を設け、基盤知識と教養に関する科目を体系的に配置する。初年次教育科目では、医療人としての基本的な態度、ライティングや討論および情報社会における基本的なルールなどについて学習する。
  • 「基礎科目」および「専門基礎科目」に、保健・医療・福祉に関連する科目および専門分野に必要な医学の基礎知識を学ぶとともにシンメディカル論などチーム医療を実践できる素地を形成できる科目を配置する。同時に、倫理観や主体的行動力の醸成のための教養教育科目を配置する。
  • 国際医療研修や国際比較福祉論などグローバルマインドを育成する科目を配置する一方、彼我を相対的に判断するために、日本の歴史や伝統文化を学ぶ科目を用意する。
  • 「専門科目」に、各専門職に求められる知識技能にとどまらず、チーム医療の応用を学ぶ科目および研究方法の修得と研究の進め方を体験する卒業研究科目を配置する。

教育課程の実施方針

教育課程の実施に当たっては、「基礎科目」から「専門科目」までアクティブラーニングなど主体的学習方法、および問題解決学習方法(PBL)を積極的に取り入れる。主体的学習態度の評価については、ラーニングポートフォリオを積極的に活用する。また、講義、演習および実習それぞれの授業形式で必要とされる実質的な授業時間、および授業外で適切な課題を明示したうえで、必要な自学自習時間を確保する。

【看護学科】

教育課程の編成方針

  • 幅広い教養を培うため、「基礎科目」では、人文科学、社会科学、自然科学の諸分野から、人や文化、社会、環境を広く深く理解する科目を、自由に学べるように配置する。看護職に求められる汎用的技能については、「初年次教育科目」をその入門として位置づける。
  • 「専門基礎科目」では、人の健康や医療に関する知識、および疫学や保健統計学などの科目で専門職に必要な数量的スキルを効果的に学べるように配置する。
  • 「専門科目」は看護9領域から成り立ち、看護学のメタパラダイムに則り、人、環境(生活)、健康、倫理、看護をどうとらえるかについて様々な視点からアプローチできるように、基礎から応用の順次性、体系性を基に配置する。
  • 連携・協働できる能力育成のために4学科合同で行うシンメディカル論を配置する。また、国際医療研修や統合看護学実践論、等の科目においてグローバルマインドを育成する。
  • 創造的思考力を養うため、統合的な学習経験ができる科目である看護学実習、看護学総合演習、卒業研究を各領域で配置する。

教育課程の実施方針

教育課程の実施に当たっては、「学士課程においてコアとなる看護実践能力と卒業時到達目標」をベンチマークに進める。学習方法が身につけられるように、講義・演習ではアクティブラーニングを推進し、実習では「振り返りシート」等を活用し、教員が適切なフィードバックを行い、講義・演習の学びに統合させる。

【理学療法学科】

教育課程の編成方針

  • 豊かな人間性、多様な考え方の育成に視点をおいた「基礎科目」、人体の構造と機能および心身の発達について理解を深める「専門基礎科目」、理学療法の基礎と応用を学ぶ「専門科目」を配置する。理学療法士作業療法士学校養成施設指定規則で指定された内容を含み、さらに学科独自の特徴ある科目を体系的に配置する。
  • 「初年次教育科目」として、医療人として求められる基本的態度および倫理観、ライティングスキル、コミュニケーションスキル、思考の組み立て方について学ぶ科目を配置する。
  • 人体の構造や機能の基礎について学ぶ基礎医学、内科学・整形外科学・精神医学など幅広い臨床医学、他職種と共通な基盤を形成するために必要な医療や福祉に関連する科目を配置する。
  • 職業意識・倫理観を高め、対人関係を磨き、専門知識や技術を習得するために1年次から4年次まで臨床実習の科目を配置する。またチーム医療のあり方を学ぶ科目としてシンメディカル論を配置する。
  • 理学療法分野の研究がエビデンスの蓄積、知識や技能の発展に寄与することを理解するために、研究法や卒業研究の科目を配置する。さらに理学療法分野の新たな知識、技能の習熟に努めるための科目(がんの理学療法、パーソナルトレーナー論、住環境コーディネーター論)を配置する。

教育課程の実施方針

教育課程の実施に当たっては、視聴覚機器を利用したアクティブラーニングやPBLを積極的に取り入れる。また、臨床実習科目については、OSCE-R(客観的臨床能力試験)を活用し学生自らの「振り返り」を重視し、行う

【作業療法学科】

教育課程の編成方針

  • 「基礎科目」では幅広い教養、語学、理系基礎科目をバランスよく修得できるよう配置し、「専門基礎科目」ではリハビリテーションの理念や人体の構造・機能、心身の発達に関する基盤知識を培う科目を配置し、「専門科目」では作業療法の基礎と応用を学ぶ科目を配置する。
  • 医療人として求められる基本的態度・倫理観を養い、ライティング・コミュニケーション・思考力を向上させる科目を配置する。
  • 作業療法を実施する上で必要となる内科学・神経内科学・整形外科学・精神医学・老年医学など幅広い臨床医学を学び、疾患や障害に関する知識と技術を培う科目を配置する。
  • 1年次の保健医療実習から4年次まで毎年、臨床実習科目を配置し、法令の指定を上回る実習時間を配当することで、倫理的・臨床的な判断・治療技術、チーム医療におけるコミュニケーション能力を培う。
  • 作業療法研究法、作業療法研究実習、作業療法総合演習、等の科目を中心に、保健・福祉・医療制度を見据えたグローバルな視点を常に持ち、臨床疑問の創造的解決に向けた研究を生涯にわたり継続できる知識・技術を培う科目を配置する。

教育課程の実施方針

教育課程の実施にあたっては、作業療法演習・実習科目における身体障害者等の方々など対象者との交流を交えた「振り返り」学習を行う。講義・演習ではアクティブラーニングを推進する。また、国の指定規則を超えた世界基準(WFOT)の実習時間を確保し、住環境コーディネーターなど関連する資格のスキル習得もベンチマークにする。

【臨床工学科】

教育課程の編成方針

  • 「基礎科目」、「専門基礎科目」において、数学、物理学、情報科学、医学、工学の科目を配し、基盤知識の習得を図る。専門科目においては、臨床工学技士として必要な必修科目60単位を配当し、臨床工学技士学校養成所指定規則の内容を充実させる。
  • 臨床工学の諸分野の学内における講義・実習後、4年次に臨床実習Ⅰ~Ⅳを配置し、臨床工学技士としての応用力・実践力を育成する。
  • チーム医療のありかたやコミュニケーション力を育成するために、臨床工学分野の演習・実習科目以外にシンメディカル論、等の科目を配置する。
  • 人間形成のために基礎系科目を充実し、医療人としての心構えの形成のために、臨床工学実習の事前学習として、医療現場の実務者から体験的指導を受ける設定をしている。また、海外の医療、工学系の情報にアクセスできるように、専門用語の習熟を意図した科目を配置する。
  • 臨床工学技士として生涯にわたる学習の重要性を認識し、かつ主体的に課題を発掘および解決する姿勢を身につけるため、4年次において全員卒業研究を行う。また、日進月歩の医学、医療機器の動きを把握するため、臨床工学特論、等の授業科目を配置する。

教育課程の実施方針

教育課程の実施に当たっては、臨床工学技士国家試験や第2種ME技術実力検定試験などをベンチマークとして到達度を検証する。また、アクティブラーニングを積極的に取り入れ、学内・学外の演習・実習の「振り返り」を重視するとともに、医療機器メーカー等で最新の医療機器に接する機会も多く設け、技能の応用力が獲得されたかを検証し、評価する。

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

【看護学科】

Ⅰ大学教育を通じてどのような力を発展・向上させるのか

医療保健学部看護学科では、卒業後に看護師(一部は保健師、養護教諭、高等学校教諭)に従事することを前提に、一般教養を高め専門知識を学ぶことを通じ、医療専門職に求められる知識技能の習得を図る。それと同時に、入学時における医療専門職に就く動機をさらに強くし、生命・人間尊重の倫理観や豊かな感性を磨く。

Ⅱ入学者に求める能力は何か

上記Ⅰを踏まえ、以下の資質、能力を備えた者を入学者として求める。
(1)日本の医療の現実と看護の重要性について理解している人
(2)人々の健康や福祉の向上に関心の高い人
(3)人の話をよく聞くことができ、かつ自分の気持ちを相手にわかるように示せる人

これらの資質に関連の深い学修として、英語、国語の読解力および言語運用能力が挙げられる。また、入学後の学修を円滑にするために理科(生物、化学、物理のそれぞれ基礎および発展レベル)のうち一教科以上を高等学校修了時までに履修しておくことが望ましい。

Ⅲ高等学校段階で培ってきたどのような能力をどのように評価するのか

入学者の評価については、一般選抜入試およびセンター試験利用入試においては上記Ⅱで挙げた教科を中心とする学科試験により基礎学力(知識、思考力、表現力)を評価する。推薦入試においては基礎学力試験もしくは小論文、および面接により評価する。面接においては、上記Ⅱで挙げた(1)~(3)に関する認識や態度、とくに(3)で求められる他者との協調性、共感能力、知性と感性のバランスの取れたコミュニケーション能力などについて評価する。面接における参考資料として、出身高等学校の調査書を活用する。(評価全体に占める面接の比率は約30%)

【理学療法学科】

Ⅰ大学教育を通じてどのような力を発展・向上させるのか

医療保健学部理学療法学科では、卒業後に理学療法士として従事することを前提に、一般教養を含めた幅広い知識を身につけ、医学的知識や理学療法分野の専門知識や技能の習得を図る。対象者やその家族と倫理的な態度で接し、良好な関係を築くことができる能力を養う。また、相手の立場に立ち、他職種と協働し、基本的な理学療法を対象者に提供することができる能力を磨く。

Ⅱ入学者に求める能力は何か

上記Ⅰを踏まえ、以下の資質、能力を備えた者を入学者として求める。
(1)人との関わりを大切に考え、明るく、思いやりを持って相手に接することができる人
(2)他者の話を聞き、その話を理解し、自分の考えを論理的に表出でき、他者とやり取りができる人
(3)自分の言動に責任を持ち、周りと協調的に動ける人
(4)理学療法士としての責任を理解し、学習や技術の習得に励む意欲を持つ人
(5)自己管理能力を持っている人

理学療法学科の各教員はそれぞれの専門分野を通して社会とつながっている。入学者はこの教員の窓を通じて、大学以外の社会や世界に飛び出していく気概と資質を持っていること。
また、入学後の学修を円滑にするために、国語・英語・数学に加え、「生物基礎」および「生物」、「物理基礎」および「物理」を高校修了時までに履修しておくことが望ましい。

Ⅲ高等学校段階で培ってきたどのような能力をどのように評価するのか

入学者の評価については、推薦入試において学科試験もしくは小論文と面接を行う。学科試験および小論文では、基礎学力(知識、思考力、文章表現力)を、面接では、対人関係を築くために必要なコミュニケーション能力を中心に評価する。面接の参考資料として出身高等学校の調査書を活用する。(評価全体に占める面接の比率は50%) 一般選抜入試およびセンター試験利用入試では複数科目の学科試験を行い、基礎学力知識、思考力、文章表現力)を評価する。

【作業療法学科】

Ⅰ大学教育を通じてどのような力を発展・向上させるのか

医療保健学部作業療法学科では、卒業後に作業療法士に従事することを前提に、一般教養を含めた幅広い知識に興味を持ち、意欲をもって積極的に思考判断する能力を養う。また、チーム医療に対応できる倫理性と協調性を有し、他職種との連携を図ることができる能力を養う。

Ⅱ入学者に求める能力は何か

上記Ⅰを踏まえ、以下の資質、能力を備えた者を入学者として求める。
(1)日本の医療の現状と課題に興味・関心を持てる人
(2)人々の健康や福祉に関わる幅広い知識に興味・関心を持ち意欲をもって積極的に考えることができる人
(3)人の話を聞き、自分の意見を伝えることができる豊かなコミュニケーション能力を持つ人

これらの資質に深く関連した学修である国語、英語の基盤学力および「生物基礎」および「生物」科目を履修しておくことが望ましい。

Ⅲ高等学校段階で培ってきたどのような能力をどのように評価するのか

入学者の評価については、一般選抜入試およびセンター試験利用入試においては上記Ⅱで挙げた教科・科目を中心とする学科試験により基礎学力(知識、思考力、表現力)を評価する。推薦入試においては基礎学力試験もしくは小論文、および面接により評価する。面接においては、上記Ⅱで挙げた(1)~(3)に関する意欲や態度、とくに(3)で求められる他者との協調性、共感能力、知性と感性のバランスの取れたコミュニケーション能力などについて評価する。面接における参考資料として、出身高等学校の調査書を活用する。(評価全体に占める面接の比率は50%)

【臨床工学科】

Ⅰ大学教育を通じてどのような力を発展・向上させるのか

医療保健学部臨床工学科では、卒業後に臨床工学技士として従事することを前提に、一般教養を高め、臨床工学の専門基礎科目・専門科目を学び専門知識や技能の習得を図る。また、入学時における臨床工学技士をめざす動機をさらに強め、医療人としての倫理観、責任感、対人愛の規範や感性を磨く。

Ⅱ入学者に求める能力は何か

上記Ⅰを踏まえ、以下の資質、能力を備えた者を入学者として求める。
(1)多くのことに知的好奇心を持ちチャレンジ精神と探求心を持つ人
(2)責任感があり他者を思いやり実行力のある人
(3)医学と工学に関心があり医療分野で社会に貢献したいという意欲を持ち、創造的に考え行動しようとする人

これらの資質に関連の深い科目として「数学(Ⅰ,A,Ⅱ)」、「物理」、「生物」、「化学」などが挙げられるので、これらの科目を履修、勉強しておくことが望ましい。英語の基礎力や読書の習慣も身につけておくと良い。

Ⅲ高等学校段階で培ってきたどのような能力をどのように評価するのか

入学者の評価については、一般選抜入試およびセンター試験利用入試においては、数学をはじめ上記Ⅱで挙げた科目を中心とする学科試験により基礎学力(知識、思考力、表現力)を評価する。推薦入試やAO入試においては小論文もしくは基礎学力試験、および面接により評価する。面接においては、上記Ⅱで挙げた(1)~(3)に関する意欲や態度、とくに(3)で求められる医学と工学の双方に関心があり、社会に貢献したいという意欲を持ち、創造的に考え行動しようとする姿勢について評価する。面接における参考資料として出身高等学校の調査書を活用する。(評価全体に占める面接の比率は約30%)

ページの先頭に戻る