メニュー
close
サイト内検索
大学院・学部

大学院・学部

TOP > 大学院・学部 > 医療保健学部 > 作業療法学科

作業療法学科 医療保健学部 作業療法学科

質の高い専門知識でチーム医療に貢献していく作業療法学科 入学定員:40名

身体や精神に障がいが生じた人を自立的な生活へと導くために、残存機能を活かした訓練やアドバイスを行うリハビリテーションの専門家を養成します。さまざまな問題への対応力や、質の高い専門知識を身につけます。

取得可能資格・学位 取得可能資格・学位

取得可能資格 取得可能資格

  • 作業療法士(国家試験受験資格)
  • 福祉住環境コーディネーター検定試験®3級・2級
  • メンタルヘルス・マネジメント®検定試験Ⅲ種・Ⅱ種

※福祉住環境コーディネーター検定試験®は、東京商工会議所の登録商標です。

※メンタルヘルス・マネジメント®は、大阪商工会議所の登録商標です。

学位 学位

  • 学士(作業療法学)

 

活躍の場 活躍の場

  • 病院
  • 高齢者福祉施設
  • 身体障害者福祉施設
  • 知的障害者福祉施設
  • 精神障害者福祉施設
  • 訪問リハビリテーションセンター
  • 保健センター
  • 作業療法士の養成機関
  • 企業の健康管理室 など
  • 病院
  • 高齢者福祉施設
  • 身体障害者福祉施設
  • 知的障害者福祉施設
  • 精神障害者福祉施設
  • 保健センター
  • 作業療法士の養成機関
  • 訪問リハビリテーションセンター
  • 企業の健康管理室 など

作業療法学科の特長 作業療法学科の特長

高い臨床能力を持つ作業療法士の育成

  • 世界基準を上回る実習時間を設定

    世界作業療法士連盟(WFOT)の認定校である本学は、日本の規定である810時間や世界基準をも上回る1,000時間以上の実習時間を設定しています。国内だけでなく、世界で活躍できる作業療法士の育成に取り組んでいます。

  • 臨床実習に向けた日々の学び

    障がいを抱えた方との対話形式の授業を1年次より実施。早い段階から障がいのある方とふれあいながら、障がいに対する知識や気持ちを理解することを学び、臨床実習先でよりさまざまなことを吸収できるように努めています。

  • スキルアップをめざせる主要資格の習得

    国家資格以外で必要とされる主要資格「福祉住環境コーディネーター検定試験®」3級・2級や、「メンタルヘルス・マネジメント®検定試験」Ⅲ種・Ⅱ種の取得を目指し、作業療法士として、幅広く活躍できるようサポートします。

4年間の流れ 4年間の流れ

1年次

教養科目や専門の基礎を学習。医療現場へ赴き、作業療法への理解を深めます。

1年生カリキュラム:

生体構造論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、生体機能論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、生体機能構造論実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、リハビリテーション医学、医療心理学、臨床心理学、ヘルスコミュニケーション、作業療法学総論、基礎作業学、作業療法治療学総論、保健医療福祉実習、臨床実習
など

2年次

内科学・整形外科学・精神医学を学び、さまざまな患者さんの状況を理解します。

2年生カリキュラム:

機能神経解剖学、基礎運動学、神経内科学Ⅰ・Ⅱ、整形外科学Ⅰ・Ⅱ、精神医学Ⅰ・Ⅱ、老年医学、発達過程評価学演習、身体機能評価学演習、心理社会評価学演習、乳幼児期作業療法学演習、中枢性疾患作業療法学演習Ⅰ、臨床実習Ⅱ
など

3年次

幅広い年代の身体・精神の障がいに対応できる技術を、実習を通して習得します。

3年生カリキュラム:

メンタルヘルス論、生活環境評価学演習、学童青年期作業療法学、心理社会作業療法学、整形疾患作業療法学演習、特定・内部疾患作業療法学、高齢期作業療法学、作業療法臨床分析学演習、作業療法研究法、認知神経作業療法特論、臨床実習Ⅲ・Ⅳ、シンメディカル論
など

4年次

実際に患者さんを担当して作業療法を実施。また、4年間の集大成として卒業研究も行います。

4年生カリキュラム:

精神障害ケアマネージメント論、地域作業療法臨床実習、作業療法研究実習、臨床実習Ⅴ
など

学科長メッセージ 学科長メッセージ

作業療法学科長の写真
作業療法学科長 長辻 永喜
地域包括ケアシステム」を見据えた、社会に求められる作業療法士を育てます。
いま社会が求める作業療法士は、「地域包括ケアシステム」を中心とした、病気や障がいを抱えた方や高齢者が主体的により良く生活することを支援できる人材です。そのために、生活に関するさまざまな知識・技術の習得をめざし、メンタルヘルス・マネジメントや住環境コーディネーターの資格取得に向けた講座を開講。また、ボランティアへの参加を通じ、学生のコミュニケーション能力向上にも注力しています。医療・福祉の分野を中心に、地域で幅広く活躍できる作業療法士の育成をめざします。

在学生メッセージ 在学生メッセージ

小松さんの写真
京都府立西城陽高等学校 卒業 小松さん
多くの仲間に囲まれた充実の日々。医療系大学だからこその徹底した専門的な学びがあります。
医療系大学だからこそ徹底して専門的な内容を学べることが藍野大学の魅力です。学生の数が多すぎず、他学科にも友人ができやすいですね。臨床実習では、授業で学んだ疾患やその症状を頭に入れて臨めたので、実際に対象の方を目の前にしたとき、よりその疾患についての理解を深めることができました。

ページの先頭に戻る