メニュー
close
サイト内検索
大学院・学部

大学院・学部

TOP > 大学院・学部 > 医療保健学部 > 作業療法学科

作業療法学科 医療保健学部 作業療法学科

質の高い専門知識でチーム医療に貢献していく作業療法学科 入学定員:40名

身体や精神に障がいが生じた人を自立的な生活へと導くために、残存機能を活かした訓練やアドバイスを行うリハビリテーションの専門家を養成します。さまざまな問題への対応力や、質の高い専門知識を身につけます。

取得可能資格・学位 取得可能資格・学位

取得可能資格 取得可能資格

  • 作業療法士(国家試験受験資格)
  • 福祉住環境コーディネーター検定3級・2級
  • メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅲ種・Ⅱ種

学位 学位

  • 学士(作業療法学)

 

活躍の場 活躍の場

  • 病院
  • 高齢者福祉施設
  • 身体障害者福祉施設
  • 知的障害者福祉施設
  • 精神障害者福祉施設
  • 訪問リハビリテーションセンター
  • 保健センター
  • 作業療法士の養成機関
  • 企業の健康管理室 など
  • 病院
  • 高齢者福祉施設
  • 身体障害者福祉施設
  • 知的障害者福祉施設
  • 精神障害者福祉施設
  • 保健センター
  • 作業療法士の養成機関
  • 訪問リハビリテーションセンター
  • 企業の健康管理室 など

作業療法学科の特長 作業療法学科の特長

  • 世界作業療法士連盟(WFOT)認定校

    作業療法士になるために必要な実習時間は、日本の規定で810時間。しかし、本学では、世界標準をも超える1,000時間以上を設定しています。世界作業療法士連盟(WFOT)認定校として登録されている本学科では、豊富な実習で確かな実践力を養い、国内外での活躍を支えます。

  • 実際の生活場面から学ぶリハビリテーション技術

    地域で活躍する作業療法士の現場に参加し、障がいのある方の実際の生活を理解します。そして、その方の生活の中でどのような作業療法が効果的か、さまざまな視点で捉え、行動することを学びます。

  • 密度の濃い実習を可能にする授業や演習

    本学では1年次より、障がいのある方を招き、対話形式の授業を実施。早い段階から障がいのある方に対する理解を深めることで、臨床実習を充実したものにすることが可能となります。

  • 作業療法士としてのスキルアップ

    実際の現場で作業療法士としてスキルアップをするため、国家資格以外の2つの主要資格「福祉住環境コーディネーター検定3級・2級」「メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅲ種・Ⅱ種」の取得も目指します。

4年間の流れ 4年間の流れ

1年次

主に教養科目や専門の基礎科目などについて学びます。また実際に医療現場へ見学に行ったり、障がいのある方から話を聞き作業療法士の仕事への理解を深めます。
基礎科目:医療心理学、情報科学Ⅰ、英語Ⅰ・Ⅱ など
専門基礎科目:生体構造論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、生体機能論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、生体機能構造論実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、リハビリテーション医学 など
専門科目:基礎作業学実習Ⅰ・Ⅱ、作業療法学総論、基礎作業学、作業療法治療学総論、保健医療福祉実習、臨床実習Ⅰ など

2年次

内科学や整形外科学、精神医学などについて学ぶとともに、さまざまな患者さんを理解する方法を学びます。実際の演習を通じて作業療法の技術も習得します。
基礎科目:医療倫理学、統計学Ⅰ・Ⅱ、社会保障論 など
専門基礎科目:基礎運動学、病理学、内科学Ⅰ・Ⅱ、神経内科学Ⅰ・Ⅱ、整形外科学Ⅰ・Ⅱ、精神医学Ⅰ・Ⅱ など
専門科目:発達過程評価学演習、身体機能評価学演習、心理社会評価学演習、心理社会作業療法学演習、中枢性疾患作業療法学演習Ⅰ、臨床実習Ⅱ など

3年次

専門科目を中心に本格的に学びます。子どもから高齢者までの、身体障がいおよび精神障がいの幅広いケースに対応できるよう演習・実習を交えて習得します
専門基礎科目:住環境論、シンメディカル論、メンタルヘルス論 など
専門科目:地域作業療法学、学童青年期作業療法学、心理社会作業療法学、中枢性疾患作業療法学演習Ⅱ、作業療法研究法、臨床実習Ⅲ・Ⅳ など

4年次

さまざまな施設で実習を行い、実際に患者さんを担当しながら指導者のもとで作業療法を実施します。また卒業に向けて自らのテーマを設定し、研究を行います。
専門科目:地域作業療法学演習、地域作業療法学臨床実習、作業療法研究実習、作業療法学総合演習、臨床実習Ⅴ など

学科長メッセージ 学科長メッセージ

作業療法学科長の写真
作業療法学科長 長辻 永喜
最良の治療・支援のため広い視点を育みます。
作業療法学は、病気や障がいを持った方が主体的により良く生活することを目指しており、医学的知識だけでなく生活に関するさまざまな知識・技術の理解や応用が求められます。また、医療施設だけでなく福祉分野や地域で幅広く働くことができる良質な作業療法士の養成を目指しています。本学は作業療法士の養成を30年にわたって行っており、多くの卒業生を輩出しておりますので臨床実習施設は豊富です。親しみやすい教員とともに学べる環境を、ぜひ役立ててください。

在学生メッセージ 在学生メッセージ

橋本さんの写真
滋賀県立八幡商業高等学校 卒業 橋本さん
スムーズに実習ができて、自信がつきました!
実習先では、実際に患者さんとふれあいながらの作業療法を経験。授業で習った注意点を意識して挑んだので、実習はとてもスムーズに行うことができ、自信になりました。これからも実習を行う時間が世界基準の藍野大学で多くの経験を積み、幅広い分野で活躍できる作業療法士を目指します!

ページの先頭に戻る