メニュー
close
サイト内検索
大学院・学部

大学院・学部

TOP > 大学院・学部 > 医療保健学部 > 看護学科

看護学科 医療保健学部 看護学科

看護実践力を身につけた看護師を目指す看護学科 入学定員:80名(3年次編入5名)

看護師の国家試験受験資格を得るカリキュラムを設定しています。専門的な問題解決には理論的な基盤が不可欠です。患者さんを総合的に理解し、看護の実践力、判断力、応用力を備えた人材を育成します。

取得可能資格・学位 取得可能資格・学位

取得可能資格 取得可能資格

  • 看護師(国家試験受験資格)
  • 保健師(国家試験受験資格: 定員20名別途学内選考あり)
  • 高等学校教諭一種(看護)※
  • 養護教諭一種※

※指定科目および教職科目を履修した者(注)保健師と教職免許との同時取得はできません。

※3年次編入:高等学校教論一種(看護)

学位 学位

  • 学士(看護学)

活躍の場 活躍の場

  • 病院・クリニック
  • 訪問看護ステーション
  • 保健所・保健センター
  • 地域包括支援センター
  • 企業の健康管理室
  • 企業・団体の研究所 など
  • 高等学校教諭(看護)
  • 小学校・中学校・高等学校の養護教諭
  • 看護師の養成機関

看護学科の特長 看護学科の特長

約50年にわたる看護教育の集大成 ※グループ実績

  • 実習が自信につながる

    1年次から同じ藍野グループの病院などで基礎看護学実習を行います。グループ病院だからこそできる的確なアドバイスや、臨床現場で役立つきめ細やかな技術指導が知識や技術、応用力を深めてくれます。学生の自信につながる環境が整っています。

  • 近畿圏で唯一臨床と教育のWライセンス取得可能

    本学科は、看護師としてだけでなく、看護の専門家として教育に携わることをめざせる大学です。所定科目の単位を修得すれば、高等学校教諭一種(看護)や養護教諭一種の免許が取得可能。教員として働く夢もかなえられる環境です。

  • 総合力を活かしたキャリア支援

    卒業後も生涯教育の一環として、キャリアアップを幅広くサポートします。大学院では、実践とマネジメントの2分野で、看護実践者、看護管理者、教育研究者の養成をしています。キャリア開発・研究センターでは認定看護管理者教育課程もあります。

4年間の流れ 4年間の流れ

1年次

ヒトの構造や健康について、医学に関わる基礎的知識を養います。

1年生カリキュラム:

学びの基盤、解剖生理学Ⅰ・Ⅱ、微生物学、病理学、基礎医学実習、精神医学概論、フランス語入門Ⅰ・Ⅱ、ヘルスコミュニケーション、看護学概論、基礎看護学援助論Ⅰ・Ⅱ、基礎看護学実習Ⅰ、公衆衛生看護学概論
など

2年次

病気についての医学知識を身につけ、臨地実習に向けて看護の専門領域を広げます。

2年生カリキュラム:

医療英語Ⅰ・Ⅱ、病態学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、臨床看護総論、基礎看護学活動論Ⅰ・Ⅱ、基礎看護学実習Ⅱ、成人看護学概論、老年看護学概論、小児看護学概論、母性看護学概論、精神看護学概論、在宅看護学概論、養護学概論
など

3年次

看護の知識をしっかりと養い、さらに臨地実習で現場に必要な技術を習得します。

3年生カリキュラム:

臨床生化学、疫学、ターミナルケア、成人看護学演習Ⅰ・Ⅱ、老年看護学演習、小児看護学活動論、母性看護学活動論、精神看護学活動論、在宅看護学活動論、統合看護学実践論Ⅰ、領域別臨地実習、シンメディカル論
など

4年次

卒業研究で論文作成の基礎を習得します。保健師、教員をめざす実習も行います。

4年生カリキュラム:

看護学総合演習、統合看護実践論Ⅱ、統合看護学実習、保健福祉行政論Ⅰ・Ⅱ、医療倫理学、看護教育法Ⅱ、公衆衛生看護活動論Ⅲ、公衆衛生看護管理論、公衆衛生看護学実習Ⅰ・Ⅱ、教育実習、養護実習、卒業研究
など

学科長メッセージ 学科長メッセージ

看護学科長の写真
看護学科長  波多野 浩道
成熟した市民として成長できるよう共に学問しよう
教育とは、他人と共に考えることの実践としてあります。学友と共に、教員と共に、書物や文献と共に、学びあう文化を共有しましょう。医療は不確実性が伴いますので、ことさらに専門職と患者さんとの間の信頼関係が重要です。専門職としての学びは勿論ですが、それ以上に、成熟した市民として成長できるよう、共に学問しましょう。

在学生メッセージ 在学生メッセージ

横上さんの写真
大阪府立日根野高等学校 卒業 横上さん
看護師は小さい頃からの夢。患者さんの声に耳を傾けられる人になりたい。
小さい頃からナース服に憧れ、人の役に立ちたい仕事がしたいと思っていました。隣地実習で看護師さんのテキパキした動きや患者さんとのコミュニケーションを目の当たりにし、患者さんに対して個別性を考え援助していかなければと実感しました。将来は看護師だけでなく保健師の資格も視野にいれて勉強しています。

ページの先頭に戻る