大学院・学部

大学院・学部

TOP > 大学院・学部 > 医療保健学部 > 看護学科

看護学科

看護実践力を身につけた看護師を目指す看護学科 入学定員:80名(3年次編入5名)

看護師の国家試験受験資格を得るカリキュラムを設定しています。専門的な問題解決には理論的な基盤が不可欠です。患者さんを総合的に理解し、看護の実践力、判断力、応用力を備えた人材を育成します。

取得可能資格・学位

取得可能資格

  • 看護師(国家試験受験資格)
  • 保健師(国家試験受験資格: 定員20名別途学内選考あり)
  • 高等学校教諭一種(看護)※
  • 養護教諭一種※

※指定科目および教職科目を履修した者(注)保健師と教職免許との同時取得はできません。

※3年次編入:高等学校教論一種(看護)

学位

  • 学士(看護学)

活躍の場

  • 病院・クリニック
  • 訪問看護ステーション
  • 保健所・保健センター
  • 高等学校教諭(看護)
  • 小学校・中学校・高等学校の養護教諭
  • 看護師の養成機関
  • 地域包括支援センター
  • 企業の健康管理室
  • 企業・団体の研究所 など

看護学科の特徴

  • 患者さんや地域の人々を中心としたチームケアを学ぶ
  • 卒業研究で4年間の学びの集大成
  • 臨地実習は隣接の藍野病院を中心に展開
  • 教員として、教育現場での活躍の場も広がる

4年間の流れ

1年次

教養を深める基礎科目を中心に学びます。また、人体の構造など医学に関わる科目も学び、健康な人の基礎的知識を身につけます。
基礎科目:世界の保健医療、英語Ⅰ・Ⅱ、統計学Ⅰ・Ⅱ など
専門基礎科目:解剖生理学Ⅰ・Ⅱ、微生物学、病理学、基礎医学実習、保健統計学、精神医学概論、リハビリテーション総論 など
専門科目:看護学概論、基礎看護学援助論Ⅰ・Ⅱ、基礎看護学実習Ⅰ、公衆衛生看護学概論、学校保健 など

2年次

専門基礎科目で病気についての医学知識を身につけ、3、4年次の臨地実習に向け、専門科目で看護の理論や方法論を段階的に学びます。
基礎科目:医療英語Ⅰ・Ⅱ など
専門基礎科目:代謝栄養学、薬理学、病態学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、臨床検査学 など
専門科目:臨床看護総論、基礎看護学実習Ⅱ、成人/老年/小児/母性/精神/在宅/看護学概論、成人/老年/小児/母性/精神/看護学援助論 など

3年次

前期は専門科目を中心に学びます。また、後期はこれまでの知識をもとに半年にわたって学外での臨地実習を行い、現場でも通用する実践力を養います。
基礎科目:人間学 など
専門基礎科目:臨床生化学、ターミナルケア、シンメディカル論 など
専門科目:成人/老年看護学演習、小児/母性/精神/看護学活動論、成人/老年/小児/母性/精神/在宅看護学実習、総合看護実践論Ⅰ など

4年次

これまで学んだ知識・技術をさらに深め、卒業研究で看護研究計画・論文作成の基礎を習得。また、保健師になるための臨地実習や、教員になるための看護・教育実習も実施します。
基礎科目:医療倫理学、社会保障論 など
専門基礎科目:保健福祉行政論Ⅰ・Ⅱ など
専門科目:統合看護実践論Ⅱ、統合看護学実習、公衆衛生看護学実習Ⅰ・Ⅱ、看護学総合演習、卒業研究 など

学科長メッセージ

看護学科長の写真
看護学科長  波多野 浩道
成熟した市民として成長できるよう共に学問しよう
教育とは、他人と共に考えることの実践としてあります。学友と共に、教員と共に、書物や文献と共に、学びあう文化を共有しましょう。医療は不確実性が伴いますので、ことさらに専門職と患者さんとの間の信頼関係が重要です。専門職としての学びは勿論ですが、それ以上に、成熟した市民として成長できるよう、共に学問しましょう。

在学生メッセージ

鳥取さんの写真
私立雲雀丘学園高等学校 卒業 鳥取さん
切磋琢磨できる仲間と一緒に、看護師を目指しています。
血圧測定など基礎看護の技術を、しっかりと演習授業で 身につけていたのでとても役に立ちました。患者さんの 援助をすると「ありがとう」と言ってもらえて、自分の技術が支えになったことを実感。心身ともにいつでも患者さんに寄り添える看護師になりたいです!

ページの先頭に戻る