メニュー
close
サイト内検索
大学院・学部

大学院・学部

TOP > 大学院・学部 > 医療保健学部 > 臨床工学科

臨床工学科 医療保健学部 臨床工学科

高度専門医療職生命維持装置のスペシャリストへ 臨床工学科 入学定員:40名

医学と工学の基礎知識に根ざした専門性を備え、生命維持管理装置をはじめとした高度な医療機器を適切に操作、管理する能力を身につけます。さらに、現代のチーム医療において活躍できる人材を育成します。

取得可能資格・学位 取得可能資格・学位

取得可能資格 取得可能資格

  • 臨床工学技士(国家試験受験資格)

取得可能資格 関連する資格試験

  • 第2種・第1種ME技術者
  • 医療機器情報コミュニケータ(MDIC)
  • 医療情報技師
  • 基本情報技術者

学位 学位

  • 学士(臨床工学)

活躍の場 活躍の場

  • 病院などの医療機関の各部門(手術部門、集中治療部門、血液浄化センター、救命救急センター、心臓カテーテル治療部門、医療機器中央管理部門、医療安全管理室など)
  • クリニック(血液透析クリニックなど)
  • 高度先進医療センター
  • 臨床工学技士の養成機関
  • 医療系企業(営業・技術)
  • 医療系独立行政法人など

臨床工学科の特長 臨床工学科の特長

大阪府で初めて開校された四年制養成大学

  • 医学と工学、基礎と応用をバランスよく学ぶ

    医学の知識を養いながら工学を学び、医療への理解と機器操作をバランス良く学習します。看護師や医療技術者と円滑にコミュニケーションがとれる、現場に強い臨床工学技士を育てます。

  • 少人数制教育でしっかりサポート

    基礎科目を学ぶ頃から、学生一人ひとりと向き合う少人数制教育を実施します。専門科目のより深い理解へとつながるよう取り組んでいます。国家試験対策や就職活動支援についても専任教員がマンツーマンでサポートします。

  • 臨床実習と卒業研究で高度化する医療に対応

    第一線で活躍している臨床工学技士から直接指導を受ける臨床実習で技術を習得します。高度化の進む医療機器に柔軟に対応していくため、現場で必要な問題解決の視点を卒業研究で身につけます。

4年間の流れ 4年間の流れ

1年次

臨床工学概論に必要な、数学、物理学、情報科学、心理学、英語などの基礎教養を身につけます。

1年生カリキュラム:

数学基礎Ⅰ・Ⅱ、物理学基礎Ⅰ・Ⅱ、化学基礎、統計学Ⅰ、情報科学Ⅰ・Ⅱ、解剖学Ⅰ・Ⅱ、生理学Ⅰ・Ⅱ、医学概論、生化学、電気工学Ⅰ、臨床工学概論
など

2年次

医療機器の原理を理解するために、医学系、工学系の科目をバランス良く学びます。

2年生カリキュラム:

数学・物理学演習、電気工学Ⅱ、電気工学実習、電子工学Ⅰ・Ⅱ、機械工学、システム・制御工学、生体医工学、医用材料学、生体計測装置学Ⅰ、医用画像診断機器学、医用治療機器学Ⅰ、医用機器安全管理学Ⅰ
など

3年次

医療機器の扱いに関する専門知識を実習を通して実践的に学習します。

3年生カリキュラム:

電子工学実習、機械工学実習、生体計測機器学実習、医用治療機器学Ⅱ、医用治療機器学実習、心血管カテーテル治療学、人工心肺制御学Ⅰ・Ⅱ、人工心肺制御学実習、人工呼吸制御学Ⅰ・Ⅱ、人工呼吸制御学実習、血液浄化療法学Ⅰ・Ⅱ、血液浄化療法学実習
など

4年次

学んできた知識と技術を4分野の臨床実習で実践します。卒業研究では研究課題の解決に取り組みます。

4年生カリキュラム:

臨床血液浄化実習、臨床手術室実習、臨床集中治療室実習、臨床医療機器学管理実習、シンメディカル論、卒業研究
など

学科長メッセージ 学科長メッセージ

臨床工学科長の写真
臨床工学科長 外池 光雄
医学と工学の知識と技能を備えた専門家をめざす人にふさわしい環境です。
本学の臨床工学科は、医師や臨床工学技士の資格を持った医療系の教員と、理学博士や工学博士の資格を有する物理学や電気・電子工学、機械工学などの工学系の教員とで構成されています。医学と工学、両方の基礎から専門に至るまでをしっかりと学びたい学生にとって最適の環境です。もちろん知識や技能だけでなく、医療人としての基本となる人格や教養、倫理観、そしていま「チーム医療」の現場で求められるコミュニケーション能力に優れた人材の育成をめざします。

在学生メッセージ 在学生メッセージ

福川さんの写真
滋賀県立八幡高等学校 卒業 福川さん
一日も早く臨床工学技士になって「人工心肺装置」を操作してみたい。
高校で工学の分野にも興味がわいてきたので、医療とその両方を学びたいと思い臨床工学技士をめざしました。藍野大学は最新の医療機器も充実していて、先生方もとても親切で丁寧です。授業で分からなかったことも気軽に聞きにいけるアットホームな雰囲気が好きです。

ページの先頭に戻る