未来の先生から

FROM THE
FUTURE TEACHER

看護学科 教授 西上 あゆみ

教授西上 あゆみ

看護学科

看護職になりたいという気持ち、
サポートします

看護職は、自分が得た経験や体験を生かすことができ、生涯にわたって働き続けるのにふさわしい職業です。
大学での授業や演習は、高校までとはずいぶん異なるもので難しく感じたり、思っていたものとは違うかもしれません。
しかし、一方で患者さんとのかかわりを通してやりがいを感じることがあるでしょう。看護師になりたいという思いを大切に頑張る学生さんといっしょに考え、学んでいきたいと思います。

理学療法学科 講師 本田 寛人

講師本田 寛人

理学療法学科

常に臨床を意識した学びから
就職活動、
卒業後の
フォローアップまで充実。

本学科の強みは、1年次から学外実習で医療現場を肌で感じることができるなど、常に臨床を意識した授業を展開していることです。また就職活動の支援や既卒者向け勉強会の実施など、入学から卒業、そして卒業後を含めた学生へのフォローアップが充実しています。4年間の大学生活で、単なる知識や技術の習得だけではなく、医療人・社会人として必要不可な礼儀やマナーを学び、人の思いを理解し、自主性や思考力を高めてグローバルな視点を身につけることができるよう支援します。「藍野大学で学んだ」ことを誇りに思えるような、教育・指導・関係づくりをめざします。

理学療法学科 助教 阪上 奈巳

助教阪上 奈巳

理学療法学科

自主性や思考力を高め、
"思い"を実現するための学びを。

医学は日進月歩であり、そこに携わる理学療法士は生涯学び続けることを求められた専門職です。その学びを突き動かすものこそ、「この人のために何かしてあげたい!」といった相手への思いであり、その思いを実現できるようになるために習得しなければならない知識・技術は膨大なものです。本学の強みは、1年次から臨床を意識した授業の展開と学外実習における実際の医療現場での学びから、個々の自主性や思考力を高め、臨床における実践力を支援していることです。更に卒業後も既卒者への勉強会実施など、共に生涯学び続ける医療人として関係性を継続しながら成長を目指しています。是非、一緒に"思い"を実現していきましょう。

作業療法学科 講師 安部 征哉

講師安部 征哉

作業療法学科

4年間の学びの先には、
やりがいのある仕事が待っています。

作業療法士になるには、4年間で大変多くの知識・技術を学ぶ必要があります。しかし、その先にはとてもやりがいのある仕事が待っています。障がいを持つ方の生活を「再構築する」「支える」ことは、良い仕事です。作業療法学科では、1年生から多くの実習やボランティアを通じて「人間力」を高めていきます。また、教員間の連携を密に取り、学生に対するサポートがきめ細かな点も魅力。1983年の専門学校から多くの卒業生を排出し、卒業生は作業療法士として近畿圏を中心に活躍しているというバックボーンも強みです。

作業療法学科 講師 白井 雅子

講師白井 雅子

作業療法学科

企業とのプロジェクトや医療現場で、
知識・経験を得る多彩な学びがあります。

作業療法士の仕事は、国家試験に合格すれば、一生涯の資格として役立つことはもちろん、人の支援をするという、とてもやりがいのある仕事です。藍野大学の作業療法学科では、高い臨床スキルをもった熟練教員が少人数体制で指導を行うことによって、難関となる臨床実習、国家試験に対して学生の特性や学修状況に合わせた親切丁寧な指導を行っています。また、関連施設には、さまざまな障がいを対象とした病院や施設があるため、医療現場を肌で感じることができます。加えて、企業との連携プロジェクトにも学生に参画してもらっており、学生たちはこの経験から知識のみならず様々な学びをし、学習意欲の向上にもつながっています。今後は、卒業生が学校に立ち寄って、さらに深い学びができるような体制を作っていきたいと思っています。

臨床工学科 准教授 山﨑 康祥

准教授山﨑 康祥

臨床工学科

医療系企業での実習も取り入れ、
多角的に活躍できる人材を育成。

臨床工学技士は、単に医療機器を操作するだけでなく、多角的に物事を捉え、積極的に課題の解決ができる応用力を持ち、かつ患者さんや他の医療従事者に安心と安全を提供できることが求められています。藍野大学ではチーム医療を重要視しており、基礎教育ではホースセラピーやフィールドワークなど、専門科目ではシンメディカルといった形で、臨床現場でチーム医療を体現できるカリキュラム構成となっています。また、3年次には、医療系企業での実習も取り入れ、医療機器の製造や販売、開発までも視野に入れた、多角的に活躍できる人材を育成しています。