私たちからのメッセージ

MESSAGE TO YOU
FROM AINO STUDENTS

医療保健学部

看護学科

Department of Nursing

渡辺さん

和歌山県立橋本高等学校 卒業渡辺さん

3年生

学生同士、先生との距離が近く、丁寧なサポートが魅力。

看護師の母の姿を見て、幼い頃から看護師という職業に憧れを持っていました。藍野大学は、併設する病院で実習が出来ること、少人数制のため、先生や先輩との距離がとても近く、丁寧にサポートしていただけることなど、学習環境にとても恵まれています。私はこの4年間で、看護師と保健師、2つの資格を取得することを目標にしてます。
看護学科は、応用問題よりも基礎問題の方が多く出題される傾向があると思いますので、受験科目の基礎を大切にして、自分の勉強方法を信じて、最後まで頑張ってください。

秋山さん

兵庫県立宝塚西高等学校 卒業秋山さん

3年生

色々な専門資格の取得
目指しています。

高校生の頃は野球部に所属していたので、よく怪我をして通院していました。通っていた整骨院の先生から看護師についての話を聞き、興味を持ちました。藍野大学では、教職課程や保健師課程を看護師免許と一緒に取得することが出来ます。今は毎日看護師を目指して、専門的な学習に取り組んでいますが、他の専門資格を取得することにも興味があります。「生物」や「化学」など、看護師の知識につながる教科の勉強を高校時代に勉強しておくと、大学に入った時により授業を理解することができると思います。

上田さん

兵庫県立川西北陵高等学校 卒業上田さん

3年生

教職の資格をめざす方にも
藍野大学はお薦めです。

藍野大学には出身高校の先輩がおり、良い大学だと聞いていました。高校2年生になり、オープンキャンパスに参加しました。そのときの学生さんたちの表情が、いきいき輝いていたのが印象的で、ここに入学を決めました。
将来は、入院患者さんにもたくさんの笑顔を届けられるような看護師になりたいと考えています。そのために、失敗しても挫けずに、いろいろなことに積極的にチャレンジしています。失敗も経験したほうが、いろいろな学びにつながると思うからです。
私は養護教諭の資格をめざして教職課程を履修しているので、履修していない人よりも授業が詰まっていますが、毎日が充実しています。しんどいこともありますが、自分がなりたかった職業に近づくためなので、授業は楽しいと思えます。
教職が取れる藍野大学は、同じ資格をめざす方にとてもお薦めです。カリキュラムに英語があるので、高校時代から英語を頑張っておくことは大切です。

間瀬さん

奈良育英高等学校 卒業間瀬さん

4年生

大学と臨床現場が近くて
学んだことをすぐに学内で
復習できます。

大学と臨床現場が近くて、実習で学んだことをすぐに学内で復習できるのは、大きなメリットです。
僕自身、臨地実習を経験し、看護の本質を知った気がしました。入院生活が長い患者さんの孤独な思いを知ったり、毎日関わることで人と人とのつながりが生まれました。学びの面では、時間の使い方が身につきました。記録を作るために寝る時間が少なくなりましたが、こういった作業を素早くできることも大事です。また、授業ではアセスメントの項目を理解して、すぐに必要なアセスメント方法を導けるようにするべきだと実感しました。
臨床現場の生の声が聞ける特別講義も多くあり、多様化する医療の最新情報が入ってきます。教職や保健師の道も開けているなど、藍野大学ならではの魅力は数多いと思います。
しんどさや不安なこともありますが、やりがいを必ず感じることができるので、看護師をめざす皆さん、共に頑張りましょう。

医療保健学部

理学療法学科

Department of Physical Therapy

箕形さん

滋賀県立八幡高等学校 卒業箕形さん

3年生

同じ職業を目指す友達が
たくさんいます。

オープンキャンパスで、先輩が優しく先生方も親しみやすい雰囲気だったことや、高校生の時に高大連携授業で藍野大学の授業を受けたことがきっかけで志望を決めました。また医療系では珍しいAO入試制度があったことにも注目していました。将来は、患者さんを笑顔にできる理学療法士になりたいです。そのために専門知識を暗記するだけでなく、理解し、臨床に活かせるようになりたいと思っています。同じ職業を目指す友人が周囲にいるので、刺激をもらいながら、とても楽しい大学生活を送っています。

山本さん

岡山県立倉敷古城池高等学校 卒業山本さん

3年生

早くから臨床の空気を
味わう
ことが出来ます。

藍野大学は近隣に藍野病院や福祉施設があるので、1年次から学外実習を行い、早くから臨床の空気を味わうことが出来ます。また大学の図書館には医療系の文献が多く取り揃えてあり、実習のレポートや卒業研究等でも役立ちます。高校生の頃から理学療法学科を志望していたので、理学療法士という職業や、他の医療職との違いについて調べていました。医療系のニュースにも興味がありました。受験勉強ではありませんが、入学前からそういった情報収集はぜひやっておく方が良いと思います。

藤田さん

上宮高等学校 卒業藤田さん

4年生

パーソナルフィットネストレーナーの資格が取得できる点
大きな魅力です。

高校2年のとき、ソフトボール部の部活動中に膝を怪我してしまい、気持ちもくさりかけていたときに理学療法士の先生と出会いました。先生は体を改善してくれただけでなく、精神面でもサポートしてくださり、僕はもう一度ソフトボールができるようになりました。以来、理学療法士に興味を持ち、パーソナルフィットネストレーナーの資格を取得できる藍野大学を受験しました。スポーツが好きな僕は、筋トレサークル"Pumpers"に所属しています。授業で習ったことを生かして、的確な部位に刺激を加えると、結果が目に見えるので楽しく続けることができます。理学療法士をめざす高校生の皆さんも、部活をしていたら続けてほしいと思います。学習面では、生物を勉強しておくといいと思います。医療系の大学なので、入学してからやるべきことは山ほどあります。高校での勉強をしっかりやり切るのは当然のこととして、同時に、理学療法士になるという目標、自覚を持って頑張ってください。

今村さん

京都市立桂高等学校 卒業今村さん

4年生

リハビリは、患者さんの人生を
背負っていること

実感しました。

高校生の頃、部活を頑張っていました。おかげで入試の面接では、部活のことをアピールポイントとして伝えることができたので、これから受験をめざす高校生の方も、何か一つでも一生懸命やっていることを伝えられるようにしておくと良いと思います。私は将来、スポーツの分野で、怪我をした方やトレーニングをするアスリートのリハビリを担当したいと考えています。スポーツ復帰を助けるときには、身体面だけではなく精神面での支えもできるようになりたいと思います。臨床実習では、実際の患者さんに接することで、リハビリというものが患者さんの人生を背負っていることを実感できました。それは、アスリートも一般の患者さんも同じです。実際に患者さんを相手にしていると、練習ではできた血圧測定も時間がかかってしまうほど、緊張感でいっぱいでしたが、今では授業や演習にも良い緊張感を持てるようになりました。

医療保健学部

作業療法学科

Department of Occupational Therapy

相馬さん

近江高等学校 卒業相馬さん

4年生

企業との認知症予防プロジェクトに参画して、自身の成長を実感しています。

2018年春からプロジェクトに参加させていただき、施設・大学教員とともに試行錯誤をしながら企画運営を行いました。このプロジェクトで認知症予防の考え方やプログラム立案の作業を行うことは、認知症予防に関する知識を深める良い機会となり、自分のこととして学びを深め、課題に取り組むという行動が身に着いたように感じられました。また、施設スタッフとプログラムを具体化し、準備を一緒に行う機会をいただき、社会的側面においても自分が成長する機会となりました。良い経験をさせていただいたと思います。

安井さん

滋賀県立甲西高等学校 卒業安井さん

2年生

授業で習ったことを実践する
難しさ
を知りました。

オープンキャンパスに来て、藍野大学の雰囲気と環境に惹かれて志望を決めました。実際に藍野大学には、実習の設備やサポートして下さる先生方など、勉強しやすい環境が整っています。豊富な実習時間が確保されており、様々な資格取得が出来るので、将来実際に現場に出た時に役立つと考えています。臨地実習では授業で習ったことを実践することの難しさを知りました。今は、そのために骨や神経の名称を暗記したりする勉強だけでなく、言葉遣いを見直すなど、自分のコミュニケーション能力の向上をめざして努力しています。

樋本さん

ノートルダム女学院高等学校 卒業樋本さん

3年生

大好きなファッションの知識を
作業療法に活かせるように

なりたい。

高校時代、カトリックミッションという委員会の部長をしていました。その委員会は、福祉活動を行う生徒会のようなもので、保育園や老人ホームなど様々な所へ出向き、小さい子どもから大人までたくさんの方々と交流を持つことができました。授業や実習で、このときの経験が生きていることを感じます。毎日の学校生活は、授業数が多く、実習時間もたっぷり。医療系なので学ぶべきことがたくさんあって大変ですが、学生同士仲が良く、協力して活動することが多いので楽しく、充実した日々です。私は、もともと手芸や物作りが大好きで、人を助けるような仕事に就きたいと考えていたこともあり、療育園などへの実習や物を作る作業の授業は特にやりがいがあります。特に今、ファッションのことを考えるのが好きなので、いずれ現場に立つようになったとき、ファッションの知識を作業療法に生かすことができたらと考えています。

近藤さん

滋賀県立高島高等学校 卒業近藤さん

3年生

勉強に、趣味のバレーボールに
忙しくも楽しい
キャンパスライフ
です。

高校の部活で怪我をした際、作業療法士の方とお話しして気持ちまで救われた経験がありました。興味を持って調べてみると、心のケアまで行う仕事だと知り、自分に合っているかもしれないと思うようになりました。今これをご覧になっている方も、自分のめざす職業についてできるだけ詳しく調べることが大事だと思います。藍野大学は、授業や実習で使う設備がとても充実しており、実習の時間も豊富です。また先生と学生の距離がとても近くて相談しやすい、良い大学です。私自身は、将来、発達障害の児童を専門とした作業療法士になりたいと考えています。また、小学校から続けているバレーボールを、今もサークル活動で続けています。先輩方も初心者の人も、和気あいあいとした雰囲気のサークルです。勉強に、趣味のバレーボールに、忙しくも楽しいキャンパスライフを送っています。

医療保健学部

臨床工学科

Department of Medical Engineering

江口さん

九州産業大学付属九州高等学校 卒業江口さん

2年生

医療の現場で活躍できるように頑張っています。

医療を学びたいという将来の憧れと、機械を触るのが好きという思いの両方を叶えられる学科だと思い、藍野大学の臨床工学科に入学しました。また、藍野大学の全学科が医療従事者を目指す学科で、入学してくる全ての人が同じ方向にある目標を持っていることがすばらしいと思いました。臨床工学科は、先生と生徒の距離がとても近く、質問や相談がとてもしやすいです。この4年間で国家試験に合格して、医療の現場で活躍できるように頑張っています。

戸田さん

近江兄弟社高等学校 卒業戸田さん

2年生

目標に直結しているから
頑張れます。

高校は文系選択だったので、もっと数学や物理など、理系科目を勉強しておけばよかったと思っています。授業や課題は大変ですが、自分はあえて厳しい環境にいることで頑張れるし、目標に直結した努力にとても充実感を抱いています。先生方はとても面白くて、わからないことは丁寧に教えてもらえるので、不安はありません。勉強は勿論ですが、バスケットボールサークルの活動や、はじめての下宿生活の大変さも、楽しみながらキャンパスライフを送っています。

濱井さん

神戸市立六甲アイランド高等学校 卒業濱井さん

3年生

バスケのサークルでは
思い切り楽しみ、
オンオフの
メリハリを
つけています

医療の道に進みたい。それも、手術室に入る仕事がしたい。漠然とした夢は臨床工学技士という形になり、臨床工学科のある学校をいろいろと探しました。藍野大学のオープンキャンパスで先生方と話して強く惹かれるものがあり、この大学で学びたいと思いました。藍野大学は学生と先生の距離の近さが魅力ですが、オープンキャンパスで見知った先生がいると、入学してすぐにでも話しやすく、ますますキャンパスライフが楽しくなります。今はとにかく、講義内容を確実に自分のものにすることを第一にしています。大学ではサークル活動も活発で、私はフリースタイルバスケのサークルに入っています。サークルでは勉強のことは忘れて思い切り楽しみ、オンオフのメリハリをつけています。医療人をめざすということは、楽なことではありませんが、その中でどれだけ楽しめるかは自分次第です。困ったときは頼りになる先生や友人がいます。全力で頑張りましょう。

村上さん

滋賀県立玉川高等学校 卒業村上さん

3年生

実際の医療施設と同じ
設備環境が整っている
のも
大きな魅力です。

人の命を救う医療の世界に興味を持っていた僕に、臨床工学技士というものを教えてくれたのは、看護師をしている母でした。そこで進学先を調べたところ、臨床工学科のある大学は数多くはなく、その中でも手厚い授業が受けられて、かつ国家試験の合格率が他と比べて高いのが藍野大学でした。臨床工学技士についてあまり深く知らない僕でしたが、オープンキャンパスで実際に人工心肺装置を動かして、機器で人の命を救う手助けをしたいという思いがしっかりと固まりました。授業では、臨床の現場を経験している先生方から、貴重で興味深い経験談を聞くことができます。実際の医療施設と同じ医療機器、設備が整った、学習環境も大きな魅力です。現在は、国家試験は当然ですが、その基礎となる第2種ME技術実力検定に合格できるよう、日々の勉強に努めています。