私たちからのメッセージ

MESSAGE TO YOU
FROM AINO STUDENTS

医療保健学部

看護学科

Department of Nursing

上山さん

大阪府立渋谷高等学校出身上山さん

現場経験豊富な先生の生きた学びに興味のある分野がさらに興味深く。

急性期実習をとおして、手術前後の看護ケアに興味を持ちました。平山先生は第一線で活躍されてきた急性期看護のスペシャリスト。先生の元でより専門的に学びたいと考え、平山ゼミに入りました。研究活動は、手術室に関する文献検討を行っています。ゼミでは将来きっと役立つ現場の知識や研究の基礎をていねいに指導していただき、学びがさらに充実していることを感じます。

渡辺さん

和歌山県立橋本高等学校 卒業渡辺さん

学生同士、先生との距離が近く、丁寧なサポートが魅力。

看護師の母の姿を見て、幼い頃から看護師という職業に憧れを持っていました。藍野大学は、併設する病院で実習が出来ること、少人数制のため、先生や先輩との距離がとても近く、丁寧にサポートしていただけることなど、学習環境にとても恵まれています。私はこの4年間で、看護師と保健師、2つの資格を取得することを目標にしてます。
看護学科は、応用問題よりも基礎問題の方が多く出題される傾向があると思いますので、受験科目の基礎を大切にして、自分の勉強方法を信じて、最後まで頑張ってください。

秋山さん

兵庫県立宝塚西高等学校 卒業秋山さん

色々な専門資格の取得を
目指しています。

高校生の頃は野球部に所属していたので、よく怪我をして通院していました。通っていた整骨院の先生から看護師についての話を聞き、興味を持ちました。藍野大学では、教職課程や保健師課程を看護師免許と一緒に取得することが出来ます。今は毎日看護師を目指して、専門的な学習に取り組んでいますが、他の専門資格を取得することにも興味があります。「生物」や「化学」など、看護師の知識につながる教科の勉強を高校時代に勉強しておくと、大学に入った時により授業を理解することができると思います。

医療保健学部

理学療法学科

Department of Physical Therapy

廣田さん

京都府立桂高等学校出身廣田さん

興味分野を掘り下げてスキル向上や人間的成長も実感。

私は「視力の左右非対称が立位不安定性に及ぼす影響」をテーマに、眼科疾患などからくるふらつきについて研究しています。課題やプレゼンテーションを通して、伝わる文章の書き方、スピーチ力が向上しました。また、ゼミ生それぞれが研究テーマを持っているので、自分にはない着眼点に気付きを得る日々です。また、ゼミの先輩に相談する機会が多く、学内での交友関係が広がりました。

箕形さん

滋賀県立八幡高等学校 卒業箕形さん

同じ職業を目指す友達が
たくさんいます。

オープンキャンパスで、先輩が優しく先生方も親しみやすい雰囲気だったことや、高校生の時に高大連携授業で藍野大学の授業を受けたことがきっかけで志望を決めました。また医療系では珍しいAO入試制度があったことにも注目していました。将来は、患者さんを笑顔にできる理学療法士になりたいです。そのために専門知識を暗記するだけでなく、理解し、臨床に活かせるようになりたいと思っています。同じ職業を目指す友人が周囲にいるので、刺激をもらいながら、とても楽しい大学生活を送っています。

山本さん

岡山県立倉敷古城池高等学校 卒業山本さん

早くから臨床の空気を
味わうことが出来ます。

藍野大学は近隣に藍野病院や福祉施設があるので、1年次から学外実習を行い、早くから臨床の空気を味わうことが出来ます。また大学の図書館には医療系の文献が多く取り揃えてあり、実習のレポートや卒業研究等でも役立ちます。高校生の頃から理学療法学科を志望していたので、理学療法士という職業や、他の医療職との違いについて調べていました。医療系のニュースにも興味がありました。受験勉強ではありませんが、入学前からそういった情報収集はぜひやっておく方が良いと思います。

医療保健学部

作業療法学科

Department of Occupational Therapy

山田さん

香里ヌヴェール学院高等学校出身山田さん

先生のていねいなフォローに安心してチャレンジを続けられます。

発達分野に関心があり、ゼミを決める前に相談した際の尾藤先生のお話が興味深かったので尾藤ゼミを希望しました。研究はグループ単位で行います。先生がこまめに進行具合を確認、アドバイスしてくださるので、ゼミ内は雰囲気が良くみんなモチベーションも高いです。自主性や計画性など、自発的な姿勢が求められるゼミ活動だからこそ身についたと感じています。

安井さん

滋賀県立甲西高等学校 卒業安井さん

授業で習ったことを実践する
難しさを知りました。

オープンキャンパスに来て、藍野大学の雰囲気と環境に惹かれて志望を決めました。実際に藍野大学には、実習の設備やサポートして下さる先生方など、勉強しやすい環境が整っています。豊富な実習時間が確保されており、様々な資格取得が出来るので、将来実際に現場に出た時に役立つと考えています。臨地実習では授業で習ったことを実践することの難しさを知りました。今は、そのために骨や神経の名称を暗記したりする勉強だけでなく、言葉遣いを見直すなど、自分のコミュニケーション能力の向上をめざして努力しています。

医療保健学部

臨床工学科

Department of Medical Engineering

濱井さん

神戸市立六甲アイランド高等学校出身濱井さん

学生同士、先生との距離が近く、ていねいなサポートが魅力。

3年次までの講義と卒業生からのアドバイスで血液浄化療法に興味があり、ゼミは血液透析に関する研究を行うところを希望していました。血液透析の仮説を実験によって検証する卒業研究を行っていますが、ゼミ生と一緒に実験計画や実験結果に対する考察をして、お互いに足りないところを補っています。相談しやすいゼミの先生のおかげで楽しく卒業研究を行っています。

戸田さん

近江兄弟社高等学校 卒業戸田さん

目標に直結しているから
頑張れます。

高校は文系選択だったので、もっと数学や物理など、理系科目を勉強しておけばよかったと思っています。授業や課題は大変ですが、自分はあえて厳しい環境にいることで頑張れるし、目標に直結した努力にとても充実感を抱いています。先生方はとても面白くて、わからないことは丁寧に教えてもらえるので、不安はありません。勉強は勿論ですが、バスケットボールサークルの活動や、はじめての下宿生活の大変さも、楽しみながらキャンパスライフを送っています。