教員紹介

更新日
(⻄暦.年.⽉.⽇)
2019.04.26
氏名(漢字) 後藤 昌弘
氏名(フリガナ) ゴトウ マサヒロ
氏名(ローマ字) GOTO Masahiro
所属部署(学部・学科) 医療保健学部 理学療法学科
職名 学科長・教授
e-mail m-goto{@}pt-u.aino.ac.jp({@}は@に置き換えてください)
略歴
年.月 大学・学部・学科、大学院・専攻名、機関名・
所属部署・職名等
1985年3月 大阪外国語大学 外国語学部 イスパニア語学科 卒業 (1982年9月ー1984年9月 U.C. Davis留学)
1985年4月 愛媛十全医療学院 理学療法学科 入学 (1988年4月卒業)
1988年4月 上尾中央総合病院 リハビリテーション科 入職
1990年4月 藍野医療技術専門学校 理学療法学科 入職
1999年9月 New York州 Long Island University, Master of health Science, Exercise Physiology 入学 (2001年9月修了)
2004年4月 藍野大学 医療保健学部 理学療法学科 入職
2008年4月 広島大学大学院 医歯薬保健学研究科 保健学専攻 博士課程後期課程 入学 (2013年3月満期退学)
2013年4月 立命館大学大学院 スポーツ健康科学研究科 スポーツ健康科学専攻 博士課程後期課程 入学 (2018年3月修了)
取得学位

2018年3月 スポーツ健康科学博士 (博甲第1245号)

資格・免許
年.月 概要
1988年4月 理学療法士 免許取得
2001年4月 New York州 Physical Therapist 免許取得
研究分野

運動生理学、トレーニング科学

所属学会

日本理学療法学会、トレーニング科学学会、保健医療学会

主な研究テーマ

筋肥大・筋力増強を目的としたトレーニングメソッド、骨格筋エネルギー代謝、近赤外線分光法を用いた筋機能解析

主要研究業績
種別 題目 単著・
共著の別
掲載誌・機関誌名・ページ等 発行
年月
学術論文 Partial range of motion exercise is effective for facilitating muscle hypertrophy and function via sustained intramuscular hypoxia in young trained men. 共著 Journal of Strength and Conditioning Research 2018 In press
学術論文 Effects of the drop-set and reverse drop-set methods on the muscle activity and intramuscular oxygenation of the triceps brachii among trained and untrained individuals. 共著 Journal of Sports Science and Medicine: 15; 562-568. 2016年12月
国際会議 Intramuscular hypoxia and muscle activity induced by partial range of motion exercise 共著 13th Asian Confederation for Physical Therapy (Kuala Lumpur) 2016年10月
学術論文 Research activities in the department of physical therapy 共著 Aino Journal Vol. 14; 13-17 2015年3月
国際会議 Acute effects of the different range of motion and angular velocity used for resistance training on the muscular activities and intramuscular oxygenation for triceps brachii muscle 共著 22th Medical Conference of Near Ingrared Spectroscopy (Tokyo) 2015年10月
国際会議 Influence of the change in resistance exercise loads on motor unit activation 単著 17th World Confederation for Physical Therapy (Singapore) 2015年5月
国際会議 The effects of strip training method and reverse-strip training method on muscle power and oxygen consumption rate of triceps brachii 共著 2nd Korea-Japan Physical Therapy Joint Conference (Busan, Korea) 2014年11月
国際会議 The influence of resistance training using load of 65% to 85% maximal voluntary contraction with shorter interval on the intramuscular oxygenation in biceps and triceps brachii 共著 19th Annual Congress of the European College of Sport Science (Amsterdam) 2014年7月
学術論文 The assessment of body sway on the static standing using the center of pressure 単著 Aino Journal Vol. 7; 21-26 2008年3月
学術論文 Effects of isometric ercise on hypertension 共著 Aino Journal Vol. 6; 45-49 2007年3月
特許等の知的財産
年.月 概要
- -
主な学会活動等
年.月 内容
2017年9月~現在 保健医療学会 理事、査読委員
2005年11月 The 2nd Asian Pacific onference on Biomechanics 座長
現在の担当科目

生体機能論Ⅰ、生体機能論Ⅱ、生体機能論Ⅲ、運動生理学

教育内容・方法の
工夫や教科書・教材・
講義資料の作成と活用
などについて

-

今後提供できる科目や
教育内容

-

教育に関する著作・
講演・発表など
種別 題目 単著・
共著の別
掲載誌・機関誌名・ページ等 発行
年月
著書 運動器障害理学療法学テキスト(Motor Unit性障害) 共著 南江堂 (pp. 228-237) 2011年10月
著書 学生のための物理療法学 共著 大学教育出版 2004年10月
著書 Karate, Martial Art and Sport Vol.4 共著 Karate Martial Art and Sport Vol.4 1999年11月
主な社会活動等
年.月 内容
2017年6月 筋肉のレシピ (2017夢ナビ講演)
2017年10月 健康増進のための筋トレ教室 (茨木市 市民講座)
2007年-2013年 JICA国際医療研修リハビリテーションコース講師
受賞・学術賞など
年.月 内容
2014年11月 Grand Prize受賞 (第2回 韓国ー日本 理学療法学会)
上記以外の特記事項

-

個人ホームページ
アドレス