教員紹介

更新日
(⻄暦.年.⽉.⽇)
2019.06.18
氏名(漢字) 安永 佐知歌
氏名(フリガナ) ヤスナガ サチカ
氏名(ローマ字) YASUNAGA Sachika
所属部署(学部・学科) 医療保健学部 作業療法学科
職名 助手
e-mail s-yasunaga{@}ot-u.aino.ac.jp({@}は@に置き換えてください)
略歴
年.月 大学・学部・学科、大学院・専攻名、機関名・
所属部署・職名等
2015.3 京都大学大学院情報学研究科知能情報学専攻修士課程 修了
2013.6 医療法人梁山会診療所ICリハビリテーション 作業療法士(2014.4まで)
2014.3 社会福祉法人グロー 滋賀県立むれやま荘 作業療法士(2018.3まで)
2018.4 学校法人藍野大学 藍野大学医療保健学部作業療法学科 助手(現在に至る)
取得学位

修士(情報学)

資格・免許
年.月
概要
2013.5作業療法士免許(登録番号75573)
2016.4滋賀県高次脳機能障害専門相談支援員
2016.7生活行為向上マネジメント(MTDLP)研修 修了(修了証番号3071)
2017.8レクリエーション介護士2級(認定番号10011702907)
研究分野

認知神経心理学、高次脳機能障害

所属学会

日本作業療法士協会、日本高次脳機能障害学会、認知リハビリテーション研究会

主な研究テーマ

サッカー選手に対する認知神経心理学的アプローチ

主要研究業績
種別 題目 単著・
共著の別
掲載誌・機関誌名・ページ等 発行
年月
ポスター発表 小脳性認知・情動症候群を有する小脳損傷患者の言語・コミュニケーション障害の特徴 共著 第42回日本高次脳機能障害学会 2018.12
学術論文

(査読無)

交通外傷後の高次脳機能障害から11年の年月を経て地域作業所へ移行した一例 共著 認知リハビリテーション 2018.10
ポスター発表 高次脳機能障害者に病識を促す試み‐TBI-31を用いた評価から‐ 共著 第50回日本作業療法学会 2016.9
学術論文

(査読有)

他者行動特性の獲得により変化する他者意図理解:自閉症傾向との関連 共著 コミュニケーション障害学,32(3), 251 2015.12
学術論文

(査読無)

他者意図推定における自己・他者視点切り替え機構の検討 共著 電子情報通信学会技術研究報告,114(326), 67-72 2014.11
ポスター発表 動作学習における異種感覚情報の使用‐健常者を対象にした検討‐ 共著 第34回近畿作業療法学会 2014.10
口頭発表 行動系列の観察による他者の意図推定Ⅰ‐迷路課題による検討‐ 共著 日本認知心理学会第12回大会 2014.6
口頭発表 行動系列の観察による他者の意図推定Ⅱ‐動的ベイジアンネットワークによる定式化‐ 共著 日本認知心理学会第12回大会 2014.6
特許等の知的財産
年.月 概要
- -
主な学会活動等
年.月 内容
2013.7 日本作業療法士協会 会員(現在に至る)
2015.3 日本高次脳機能障害学会 会員(現在に至る)
2017.7 認知リハビリテーション研究会 会員(現在に至る)
現在の担当科目
教育内容・方法の
工夫や教科書・教材・
講義資料の作成と活用
などについて

-

今後提供できる科目や
教育内容

-

教育に関する著作・
講演・発表など
種別 題目 単著・
共著の別
掲載誌・機関誌名・ページ等 発行
年月
シンポジスト 高次脳機能障害者支援の実際~滋賀県での支援から~ 共著 滋賀県高次脳機能障害支援センター2017年度研修会 2017.7
主な社会活動等
年.月 内容
- -
受賞・学術賞など
年.月 内容
- -
上記以外の特記事項

-

個人ホームページ
アドレス