メニュー
close
サイト内検索

詳 細

TOP >  松田紀子講師が2018年度大学英語教育学会賞(JACET賞)を受賞

松田紀子講師が2018年度大学英語教育学会賞(JACET賞)を受賞2018年9月18日

2018828日(火)~30()に、東北学院大学で開催された大学英語教育学会(JACET)第57回国際大会(仙台、2018)論文部門において、藍野大学 医療保健学部 理学療法学科の松田紀子講師が、大学英語教育学会賞(JACET賞)を受賞しました。


大学英語教育学会(JACET)は、1962年に設立され、会員数が2,500名を超える国内で最も権威のある英語教育学会の1つで、日本の大学英語教育の改善及び英語教育に係る研究の発展に寄与することを目的に活動しています。 


松田講師は大学英語教育学会賞論文部門において"Evidence of the effects of text-to-speech synthetic speech to improve second language learning"というタイトルで「JACET Journal No.61 (2017)」に論文を発表し、今回の受賞に至りました。


【論文の概要】

合成音声と肉声の知覚学習効果を、心理言語学に基づく実験を用いて比較した。その結果、録音した肉声の方が学習効果は高いが、学習者の習熟度が低い場合は合成音声でも同様に学習効果は高く、習熟度が高い場合は意味に注意を向けていた場合に高い学習効果が得られた。合成音声技術の活用は、英語の音声インプットの不足という日本人英語学習者が抱える問題に光明を投ずる可能性があることを示唆した。


【受賞コメント】

コメント:名誉ある賞を頂きまして大変光栄です。このたびの受賞は、様々な素晴らしい出会いと日々支えて下さる方々のおかげと心から感謝しております。今後も英語教育に少しでも貢献できますよう、精一杯頑張っていこうと思います。


【記事はこちら】

JACKET掲載ページ

 2IMG-1759.jpg

ページの先頭に戻る